介護の求人・転職募集は【介護求人パーク】

  • 介護求人パーク
  • 介護職のおすすめ転職サイト比較ランキング17選!後悔や失敗しない選び方

介護職のおすすめ転職サイト比較ランキング17選!後悔や失敗しない選び方

更新日 2024.03.01

[PR]広告プロモーションを含みます。

介護職で転職を考える際、WEB上で介護職向けの転職サイトを探そうとすると、数が多くてどれを選べばいいか悩む方も多いと思います。

実際には、多くの転職サイトを調べて自分に合うサイトを見つけるのが理想的なのですが、そのためには時間がかかってしまい、転職活動が思うように進まないこ ともあります。

  • 介護求人パーク編集部

    そこで、この記事では介護職に特化しているおすすめの転職サイト16社をランキング形式で比較し、それぞれが扱っている職種や特徴を解説していきます。

この記事では、以下の内容をご紹介します。

この記事の概要 この記事の概要

  • ・介護士転職・求人サイトおすすめランキング比較16社
    ・介護転職サイトを選ぶポイント
    ・介護士転職で後悔や失敗しないためのコツ
    ・自分に合う介護職場を探す方法
    ・介護職の転職で有利になるおすすめ資格4つ
    ・介護士転職での具体的なキャリアアップイメージ【職種】
    ・介護転職サイトを利用するメリットとデメリット
    ・介護転職サイトに登録してからの具体的な転職の流れ
    ・介護福祉士と介護士はどう違う?転職サイトで求人を探す基礎知識
    ・介護転職サイトがおすすめな人の特徴
    ・介護士が転職を考える理由ランキング
    ・介護職で稼げる人気の職種ランキング【職業別の年収】
    ・【地域別】介護士の年収比較ランキング
    ・介護求人は「ハローワーク」と「転職サイト」で何が違う?求人の質の比較について
    ・介護職は派遣のほうがいい?正社員として比較して稼げるのか?
    ・【Q&A】介護士向け転職サイトに関するよくある質問
    ・介護転職サイトに役立つおすすめの職務経歴書
    ・介護転職サイトの退会に役立つおすすめ情報
  • ・介護転職サイトの退会前に気をつけること
    ・介護転職サイトで役立つおすすめの志望動機
  • ・介護転職サイトで役立つおすすめの面接対策
    ・介護転職サイトで役立つおすすめの逆質問
  • ・介護転職サイトでおすすめする休止システム
  • ・介護職の経験が活かせる転職先おすすめ
  • ・介護転職サイト以外の転職先の探し方
    ・介護転職サイトと介護転職エージェントの違い
  • ・介護士に多い転職の理由
  • ・おすすめの介護転職サイトを退会する前にやるべきこと
  • ・おすすめの介護転職サイトで使える退職理由
  • ・介護士の平均年収
  • ・介護転職エージェントが無料な理由
  • ・介護士と介護福祉士の比較
  • ・介護転職先で早く馴染む方法
    ・介護職が辛いと感じる理由
  • ・おすすめの介護転職サイトの連絡がしつこい理由
  • ・おすすめの看護転職サイトの連絡がしつこい場合の対処法
  • ・介護職と似たおすすめの職業
  • ・介護転職にありがちな失敗事例
  •  
  • 介護求人パーク編集部

    また、転職サイトを活用する上で自分に合う仕事や職場を見つけるコツも紹介していますので、転職を検討している方はぜひ参考にしてください。

登録すべき転職サイトTOP3!

1位のおすすめ転職サイト 1位のおすすめ転職サイトロゴ1位のおすすめ転職サイト評価 \年収700万以上狙える/

無料登録

2位のおすすめ転職サイト 2位のおすすめ転職サイトロゴ2位のおすすめ転職サイト評価 \年収150万UPも可能/

無料登録

3位のおすすめ転職サイト 3位のおすすめ転職サイトロゴ3位のおすすめ転職サイト評価 \好条件求人が多い/

無料登録

介護士転職・求人サイトおすすめランキング比較16社

介護士向けにおすすめのの転職・求人サイトについて、ランキング形式で16社を厳選してご紹介します。

各サイトの特徴を把握し、利用するサイト選の参考にしてみてください。

【介護士転職・求人サイトおすすめランキング比較17社】
1.レバウェル介護
2.マイナビ介護
3.介護ワーカー
4.かいご畑
5.ミラクス介護
6.ベネッセMCM介護士
7.カイゴジョブ
8.スタッフサービス・メディカル
9.リジョブケア
10.ジョブデポ介護
11.介護エイド
12.ジョブメドレー
13.介護求人ナビ
14.e介護転職
15.クリックジョブ介護
16.カイゴジョブエージェント
17.ナイス介護

比較ランキング1.レバウェル介護(旧:きらケア正社員)|介護転職ならまず登録

出典:レバウェル介護

レバウェル介護は、年間80万人が利用する介護士に特化した転職サイトであり、「ランキング」ではトップクラスの人気を誇ります。

豊富な「求人」数が魅力であり、10万件以上の施設・求人が揃っています。

  • 介護求人パーク編集部

    「未経験・無資格OK」の求人から、「日勤のみ」勤務や「月の給与33万円以上」の高条件求人まで、幅広い選択肢が掲載されています。

職場の情報はポジティブな条件だけでなく、ネガティブな点も含めて詳細に提供されるため、働き始めてからのミスマッチを防ぐことが容易になっています。

さらに、安心して面接に臨める面接対策や面接同行サービスもあり、転職活動を自分のペースで進めることができるのも魅力です。初めて転職を考えている方にもおすすめです。

レバウェル介護は、他の介護士転職サイトと比較しても、充実した求人情報と安心のサポート体制が優れています。

まず登録してみるのがおすすめ!

まず登録してみるのがおすすめ

レバウェル介護は他の転職サイトと比較しても求人数が多い傾向があり、実績も豊富なため、介護士転職を考える場合は、まず登録しておいて損がないおすすめの転職サイトです。

関連記事:【レバウェル介護(旧:きらケア)の口コミ・評判】利用するメリット・デメリット、おすすめする人とは?

比較ランキング2.マイナビ介護職|アプリで転職活動が手軽

出典:マイナビ介護職

マイナビ介護職は、介護福祉士の間で最も使いたいとされる人気の高い転職サイトです。

実際にランキング形式で介護転職サイトを紹介するWebサイトでもランキング上位で紹介されています。

「求人」に関しては、転職サイトや情報サイトを多数運営している株式会社マイナビが運営しており、全国の介護求人を豊富に取り扱っています。比較的に夜勤求人数が多く、高収入を狙える求人が数多く掲載されています。

他の転職サイトとの「比較」では、マイナビ介護職の特長として担当者が各職場を直接訪問していることが挙げられます。

  • 介護求人パーク編集部

    夜勤体制の整った施設を選ぶことができる点が魅力です。

さらに、専任のアドバイザーが一人一人の要望をくみ取り、最適な求人を提案してくれるだけでなく、職場とのミスマッチを少なくするために転職活動をサポートしてくれます。面接対策や就業後のサポートも充実しているので、信頼して仕事に関する相談ができるでしょう。

マイナビ介護職の公式サイトでは、介護業界に関する様々なコラムも掲載されており、業界理解に役立ちます。転職活動に役立つ情報が満載の転職サイトなので、初めて転職する方もまずは利用してみることをおすすめします。

マイナビ介護職は登録必須?

マイナビ介護職は登録必須

マイナビ介護職は、大手マイナビが運営している安心感は比較できないほど大きいかもしれません。他の転職サイトと比較しても求人数や実績も多いため、まずは登録することがおすすめの介護士転職サイトです。

関連記事:【マイナビ介護職の口コミ・評判】実際利用すべき?メリット・デメリット、利用をおすすめする人の特徴をご紹介!

※株式会社マイナビのプロモーションを含みます。

比較ランキング3.介護ワーカー|常時7万件以上の求人数

出典:介護ワーカー

介護ワーカーは、介護業界の求人に特化した「ランキング」がトップクラスのおすすめ介護転職サイトです。

介護ワーカーのおすすめポイント

介護ワーカーのおすすめポイント

求人については、公開・非公開求人を含め、常時7万件以上の求人情報を掲載しており、都市部はもちろん地方の求人情報も豊富に取り扱っています。他の転職サイトと比較しても、求人数の多さが特徴的で、口コミでも評判です!

関連記事:【介護ワーカーの口コミ・評判】「介護ワーカー」は利用すべき?メリット・デメリットも解説

また、保有する資格やスキルに合わせて求人情報を検索できることも特徴となっています。求人として自分の能力を最大限に生かせる高年収・高時給求人を見つけやすいでしょう。

介護ワーカーでは、担当者による求人紹介や面接アドバイス、面接日の日程調整や条件交渉など、転職活動をサポートする体制が充実しているため、初めて転職する方や業界未経験の方でも安心して仕事を探せます。

求人情報を多く比較検討したい方にとって、介護ワーカーはおすすめの転職サイトです。

介護ワーカーがおすすめな理由

介護ワーカーがおすすめな理由

・地方エリアの求人が豊富
・非公開求人を紹介してもらえる可能性もある
・応募書類の添削や面接対策を行なってくれる
・介護業界に精通したキャリアアドバイザーが求人職場との交渉を代行してくれる
・介護業界のトレンド情報を入手できる

関連記事:【介護ワーカーの口コミ・評判】「介護ワーカー」は利用すべき?メリット・デメリットも解説

比較ランキング4.かいご畑|無資格・未経験でも安心

出典:かいご畑

かいご畑は、「ランキング」において介護士をはじめとする介護・福祉業界の求人に特化したトップクラスのおすすめ転職サイトです。

求人に関しては、無資格・業界未経験の方でも安心して働けるように、無料のキャリアアップ応援制度を設け、誰でも安心して介護・福祉業界で働ける制度を整えています。他の転職サイトと比較しても、その充実したキャリアサポートが魅力的です。

  • 介護求人パーク編集部

    また、かいご畑の求人サイトは14万円相当の介護資格が0円で取得できる「キャリアアップ制度を提供している点も魅力です。

専任の人材コーディネーターが最適な求人を提案してくれるため、スムーズな仕事探しを実現しています。求人サイトとして、コーディネーターによる丁寧なサポートが特長的です。

かいご畑は、福祉業界に特化した人材サービスを長年展開してきた株式会社ニーソネットが運営しているおすすめ介護転職サイトで、全国エリアで地域に密着した対応が可能です。「求人」として、地域に根ざした強みがあります。

かいご畑のおすすめポイント

かいご畑のおすすめポイント

資格がなくても可能な仕事があり、資格取得を希望する方におすすめのキャリアアップ応援制度があるため、働きながら資格取得を目指せます。「求人」として、キャリアアップを後押しする制度が魅力です。

転職や入職後のサポートは介護資格を持つコーディネーターが行うので、未経験でもいつでも相談する相手がいるという安心感を持って働けます。求人として、資格保有者による安心したサポートが特長です。

関連記事:【かいご畑の口コミ・評判】実際どうなの?利用するメリット・デメリット、活用のコツをご紹介!

比較ランキング5.ミラクス介護|国内最大級の求人数

出典:ミラクス介護

ミラクス介護は、利用満足度96.7%※を誇る、介護士求人に特化した「ランキング」においてトップクラスのおすすめ転職サイトです。

「求人」に関しては、ミラクス介護の求人数が国内最大級で、非公開求人を含めると10万件以上の求人が掲載されていることが魅力です。他の転職サイトと比較しても、その豊富な求人情報が特徴的です。

介護職の転職を考えている方は、ミラクス介護であれば自分の希望に合った仕事をスムーズに探しやすいでしょう。

また、経験豊富な専任コンサルタントが一人一人に最適な求人を提案してくれるだけでなく、面接に同行したり内定・就業後もサポートしてくれたりします。求人だけでなく、しっかりとしたサポート体制が整っている点が魅力的です。

正社員の仕事紹介はもちろんですが、派遣や紹介予定派遣など、あなたの希望条件に合わせた働き方を提案してくれる点もおすすめポイントです。

さらに、文字情報では伝わりにくい職場環境や人間関係などもしっかり伝えてくれます。

  • 介護求人パーク編集部

    求人によって、詳細な情報が提供されるため、事前にお伺いし入職後のミスマッチをなくすことで、早期退職も防げるでしょう。

※ご利用満足度96.7%の数値は、ミラクス介護が行ったアンケート調査に基づいています。

関連記事:【ミラクス介護の口コミ・評判】実際どうなの?メリット・デメリット、最大限活用するコツ、おすすめする人について

比較ランキング6.ベネッセMCM介護士|医療・介護業界で18年以上の実績

出典:ベネッセMCM介護士

ベネッセMCM介護士は、通信教育事業を手掛けるベネッセコーポレーションのグループ企業が運営しているランキングトップクラスのおすすめ転職サイトです。

求人に関しては、大手企業の傘下である強みを生かし、大学病院や大手優良企業の求人情報を多数掲載しているため、有名企業のお仕事も探せます。他の介護転職サイトと比較すると異なる豊富な求人情報が魅力的です。

また、求人サイトとしてベネッセMCM介護士は、経験豊富なコンサルタントが一人一人に専門性の高いサポートを提供してくれるため、介護業界未経験の方でも安心して就業できるでしょう。

ベネッセMCM介護士は、質の良い求人や質の高いサポートを求める方におすすめの転職サイトです。他の介護転職サイトと比較しても、そのサービスの質が高い点が魅力です。

  • 介護求人パーク編集部

    医療・介護業界で18年以上の実績活動があり、「求人」においては関東・東海・関西などのエリアの転職・求人を紹介しています。地域密着の強みが特長です。

次の職場をじっくり選びたい方にもおすすめで、一人ひとりに合わせた採用や選考を行っているため無理のない転職ができるのです。比較すると他の転職サイトとは異なる、個別対応の強みが魅力的です。

ブランクがある、扶養内で働くことができるかなどの悩みがある方も、コンサルタントに相談をすることで希望条件に近い仕事の紹介や施設への交渉を行ってもらえます。求人サイトとして、個別のニーズに対応するサポートが特長です。

関連記事:【看護師派遣注意換気!】実際派遣って働きやすい?稼げる?看護師派遣の注意点や仕事内容について解説

比較ランキング7.カイゴジョブ|手厚い電話サポートが魅力

出典:カイゴジョブ

カイゴジョブは、介護士をはじめとする介護・福祉業界の求人に強みを持つランキング上位のおすすめ転職サイトです。

求人に関しては、介護職の求人が充実しており、公開求人の中から細かい検索条件を指定して求人検索が行えます。比較すると他の転職サイトよりも求人情報の幅広さが特徴的です。そのため、自分のスキルを活かせる求人を見つけることが容易です。

また、求人サイトとしてインターネットでの手続きが苦手な方でもフリーダイヤルを利用して、オペレーターと直接話しながら仕事を見つけられます。他の転職サイトと比較しても、手厚い電話サポートが魅力です。

自分で求人を見つけることが苦手な方や、求人を探す時間がない方は、カイゴジョブを利用することで、スムーズに転職活動を進めることができるため、登録するのがおすすめです。求人サイトとして、利用者のニーズに合わせた手軽なサポートが特徴的です。

そのほかにもカイゴジョブでは、気になる求人を「キープ」するだけでスカウトが届く機能もあります。

「求人」として、スカウト機能により求人情報が個別に届くことで、転職活動の効率が上がる点が魅力です。

  • 介護求人パーク編集部

    スカウト経由だと内定率も上がるため、スムーズに転職活動を進めたい方にもおすすめの転職サイトです。

参考:介護職におすすめの転職エージェント12社を一覧表で徹底比較!利用者の口コミや体験談も掲載

比較ランキング8.スタッフサービス・メディカル|介護士派遣求人に強い

スタッフサービスメディカル」は、株式会社スタッフサービスホールディングスが運営し、医療分野に特化した人材派遣サービスです。

「スタッフサービスメディカル」では、正社員や契約社員、パート、アルバイトの求人情報を豊富に取り扱っていますが、最も多くの案件が派遣社員向けです。

派遣社員の仕事には、柔軟な働き方や異なる職場での経験を積む利点があり、自分の時間を大切にする方々に支持されています。

多くの利用者から「担当者が素晴らしい」「充実した福利厚生で安心感がある」といった好意的な口コミが寄せられ、未経験からの参加でも信頼性の高い派遣会社とされています。

比較ランキング8.リジョブケア|スカウト機能が優れている

出典:リジョブケア

リジョブケアは、介護士の求人情報に特化した業界トップクラスのおすすめ転職サイトです。

求人に関しては、全国にある介護業界の求人情報が多数掲載されており、都道府県・職種・キーワードから簡単に求人検索ができます。他の介護転職サイトよりも求人情報の幅広さが特徴的であり、自分にぴったりの求人を見つけやすいでしょう。

また、介護士特化の求人サイト「リジョブケア」は、会員登録をすると企業からスカウトを受けられるため、自分に興味を持ってくれた職場で働くことも可能です。他の転職サイトと比較しても、スカウト機能の充実が魅力です。

実際に、リジョブケアへ登録している会員の約80%※が企業からスカウトをもらっています。スカウト経由だと内定率が上がるため、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

さらに、求人サイトとしてメルマガで最新の求人情報も手に入ります。スカウト機能とあわせて利用することで、より希望条件に合う求人を見つけられます。比較すると情報の充実が特長的です。

そのため、転職活動を効率的に進めていきたい介護士におすすめ比較ランキング上位の転職サイトです。

ランキングで高評価の理由

ランキングで高評価の理由

ランキングで高評価を受けるだけでなく、充実した求人情報とスカウト機能で利用者のニーズに応える介護転職サイトとして評判です。

参考:介護転職サービスを人気15社の比較表から探す | 介護転職サイト比較ナビ

比較ランキング9.ジョブデポ介護|登録は約1分で完了

出典:ジョブデポ介護

ジョブデポ介護は、介護士の求人に特化したランキング上位のおすすめ転職サイトです。

求人に関しては、全国各地の求人情報から詳細条件を選択して絞り込むことができるため、希望に合った求人情報を簡単に探せます。他の介護転職サイトと比較しても求人情報は幅広いです。

また、求人サイトとしてジョブデポ介護には介護施設からのスカウト機能があり、求人に応募するだけでなく企業側から直接スカウトされる可能性もあります。

比較すると他の転職サイトよりもスカウト機能が充実している点が魅力です。そのため、介護士として転職の選択肢を広げることが可能です。

  • 介護求人パーク編集部

    ジョブデポ介護への登録は約1分で完了するため、簡単かつ迅速な登録手続きが利用者にとって魅力的です。

初めて転職する介護士の方におすすめの転職サイトです。「ランキング」で高い評価を受けるだけでなく、初心者にも利用しやすい介護転職サイトとして知られています。

比較ランキング10.介護エイド|職場環境の良い求人が多い転職サイト

介護エイドは、職場環境の良い求人に特化したおすすめ介護転職サイトで、人気の高いランキングに選ばれています。

コーディネーターが丁寧に求人情報を調査し、パワハラやモラハラ、時間外労働の有無などを比較して明確に掲載しています。

求人数は国内最大級で、福利厚生が充実しており人員配置に余裕のある職場も多数紹介されています。

また、求人情報の比較機能を使って自分に合った職場を見つけやすく、不安を抱える方でも安心して転職活動ができます。

さらに、介護エイドではLINEでも気軽に相談が可能です。

多忙な方や電話が苦手な方でも納得いくまで相談でき、入職後もコミュニケーションを円滑に取り続けられることが特徴です。

人間関係に悩まない職場を希望する介護士にとって、介護エイドの登録はおすすめです。さまざまな求人情報を比較し、理想の職場を見つける手助けをしてくれる頼りになるおすすめ転職サイトです。

参考:介護転職サイトおすすめ人気ランキング10社比較

比較ランキング11.ジョブメドレー介護|転職活動がスムーズに進む

出典:ジョブメドレー介護

医療や介護業界の求人の幅が広く、時短勤務や子育て支援などの細かい条件から仕事を探せるため、ジョブメドレーは他の介護転職サイトと比較してもランキング上位の求人サイトとして人気です。

さらに、多数の求人情報が掲載されているため、求人数の面でも満足できる転職サイトです。全国の求人情報を豊富に持っているため、地方の職場も比較検討できます。

また、事業所からスカウトが届くなど、希望に合った求人情報を受け取れる機能が充実しているため、転職活動がスピーディに進められます。

  • 介護求人パーク編集部

    スカウト経由だと内定率が1.7倍※アップするため、自信がない方も積極的に活用してみると良いでしょう。

ジョブメドレーの会員になると、履歴書や職務経歴書の作成機能などの会員限定の特典を利用でき、転職活動に役立てることができます。

そのほかにも、スピード返信求人特集があるため、すぐに仕事を見つけたい方向けにスムーズな転職が実現できます。求人の比較をしながら、自分に最適な職場を見つけるために活用するのがおすすめです。

比較ランキング12.介護求人ナビ|求人比較がしやすい

出典:介護求人ナビ

介護求人ナビは、ランキング上位の介護士求人情報を掲載しているおすすめ転職サイトです。

検索機能が充実しており、勤務地や雇用形態だけでなく、介護求人特集やイチオシ企業、注目企業からも求人を比較できます。

介護求人特集では、「オープニングスタッフ募集」「はじめての介護のお仕事」「残業なし」「ハイクラス・キャリアアップ」などの人気条件から求人を検索可能です。

さらに、ポータルサイトや公式アプリを活用しても求人探しができます。

豊富な求人情報の中からいつでも希望に合った仕事を見つけられるため、スムーズな転職活動が可能です。

また、公式サイトでは介護福祉士の受験対策講座も提供しており、国家資格の合格を目指す方にもおすすめの転職サイトです。

全国エリアで対応しているため、介護業界の求人を豊富に扱っています。

譲れない条件から仕事を探したい方にも最適であり、新着求人情報をメールで受け取れるため、自分の都合で求人情報を確認することができます。

パートナー会員になると、仕事探しのサポートを受けられるだけでなく、入職後のサポートサービスも利用できるため、安心して働くことができます。求人を比較しながら、自分にぴったりの職場を見つけるためにも、介護求人ナビを活用してみることをおすすめします。

参考:介護士におすすめの転職サイト5選|求人数や特徴で徹底比較

比較ランキング13.e介護転職|地図からも仕事探し可能

出典:e介護転職

e介護転職は、医療・介護の求人を扱うおすすめの転職求人サイトで、豊富な求人数が魅力です。

ランキング上位の転職サイトの中でも、約80,000件の求人が掲載されており、現在地・地図からも仕事探しが可能です。

このため、近所での勤務を希望する方や土地勘がない場所でのお仕事を探したい方に特におすすめです。

求人の比較ができるだけでなく、企業からのスカウトメールが届く機能もあり、希望する求人に出会える可能性が広がります。

e介護転職は、使いやすいスマホアプリも提供しています。

  • 介護求人パーク編集部

    アプリを利用すると、簡単に求人検索ができるだけでなく、希望勤務地や取得資格に合わせた新着求人が毎週配信されるため、自分では見つけられなかった求人にも出会えるでしょう。

さらに、登録した情報を応募フォームに自動入力してくれる機能もあり、簡単に応募ができることも特長です。

時間の制約がある現職者や忙しい方でも、手軽に転職活動が行えるため、ぜひe介護転職に登録してみましょう。求人を比較しながら、自分にぴったりの介護職場を見つけることができるでしょう。

比較ランキング14.クリックジョブ介護|手厚い転職サポート

出典:クリックジョブ介護

クリックジョブ介護は、介護士などの医療福祉業界に特化したおすすめ転職サイトで、充実のサポートが魅力です。

専任のキャリアコンサルタントが、求人の紹介から転職後のサポートまでしっかりバックアップしてくれるため、初めて転職する方でも安心して仕事を探せます。

この求人サイトでは、ランキング上位の転職サイトの中でも、求人情報の検索や転職エージェントへの相談も無料で行えるため、誰でも充実のサポートを受けることが可能です。

  • 介護求人パーク編集部

    手厚い転職サポートを受けたい方にとっては特におすすめの転職サイトです。

クリックジョブ介護は、介護職への転職をサポートする体制が整っているので、納得できる転職を目指せる転職サイトです。

公開求人だけでなく、非公開求人も充実しているため、公開されている求人の中でなかなか見つからない場合でも、エージェントが非公開の求人からも仕事を紹介してくれます。

また、職場の雰囲気や離職率など転職先の施設についての情報も教えてもらえるため、入職後にイメージと違うといったミスマッチが起こりにくいのも特徴です。

他の転職サイトとの比較も含めて、自分に最適な求人を見つけるためにクリックジョブ介護を利用してみてください。

参考:300人の口コミ比較でわかった介護の転職サイト・エージェントおすすめランキング

比較ランキング15.カイゴジョブエージェント|専任のキャリアパートナーがサポート

出典:カイゴジョブエージェント

カイゴジョブエージェントは、介護職・介護福祉士専門のおすすめ求人サイトで、介護系資格保有者と全国の介護施設をマッチングするために、介護職・介護福祉士専任のキャリアパートナーがサポートしてくれます。

  • 介護求人パーク編集部

    この転職サイトでは、ランキング上位の介護転職サイトと比較しても、給与や福利厚生、今後のキャリアなど、あなたの希望する働き方に合わせて提案してくれることが魅力です。

求人情報だけではわからない施設の評判や、雰囲気なども教えてくれますよ。

また、介護施設の担当者とコミュニケーションを取り情報収集をしているため、情報量が豊富にあります。

このサイトでは、他の転職サイトとの比較も含めて、希望に合った求人を見つけるための役立つ情報を提供しています。

入職前に聞いておきたいことや不安なことは事前に聞いておくと、ギャップによる早期退職も防げるでしょう。

カイゴジョブエージェントは、先ほどおすすめ介護転職サイトとして紹介したカイゴジョブと同じ会社が運営しています。

より手厚いサポートを受けたい方や転職に自信がない方は、カイゴジョブとあわせて登録してみてください。

複数のサイトを活用することで、より多くの求人情報を収集し、理想の職場を見つけることができるでしょう。

参考:介護職に強い転職エージェント10選【徹底比較】

比較ランキング16.ナイス介護|業界未経験でも転職可能

出典:ナイス介護

ナイス介護は、介護士の求人情報に特化したおすすめの転職サイトで、ランキング上位の転職サイトと比較しても、必要に応じて担当者によるサポートを受けられることが魅力です。

また、全国の求人情報が豊富に掲載されているため、希望に沿った仕事探しがしやすいでしょう。

ナイス介護では、業界経験者や有資格者向けの専門的な求人を多数掲載しているだけでなく、業界未経験の方も働けるように、他の転職サイトと比較して充実した研修制度や資格取得講座も完備しています。

そのため、誰でも安心して介護士の仕事を探せます。

介護士として活躍するために必要な資格を身に着けたい方にもおすすめの転職サイトです。

有資格者や無資格者、どちらの方も仕事を見つけることができる求人サイトで、他のサイトと比較しても、仕事探しから入職後のサポートまで備わっていることで、未経験の方も安心して介護の仕事に挑戦ができるのも嬉しいポイントといえます。

また、他の転職サイトと比較してライフスタイルに合わせたり高収入を目指したいなどの細かい希望条件に合わせて仕事を紹介してもらえるため、無理なく働けます。

参考:介護士におすすめ人気転職エージェント・サイト!比較ランキングも紹介

介護転職サイトを選ぶポイント

以降では介護士向け転職サイトの選び方のポイントについてお伝えします。 就職・転職需要が高い介護士なだけに、介護士向けの転職サイトは世の中に多数あり、 選択肢がありすぎて自分がどのサイトを利用すべきか選びきれないという方も多いことでしょう。

以降の内容を参考に、利用する転職サイトをまずは3〜4社に絞ってみてください。

参考: 【介護士転職サイト】おすすめエージェント比較ランキング!評判・口コミも解説!

介護転職サイトを選ぶポイント①専門性と特化度

介護職に特化した転職サイトを選ぶことで、介護業界に精通した求人情報やサポートを受けられます。専門的な知識や経験を持つコンサルタントがいるかどうかも重要な要素です。

そのため、介護転職をするなら介護職に特化している転職サイトに登録することをおすすめします。

介護転職サイトを選ぶポイント②求人情報の充実度

サイトに掲載されている求人情報の充実度が重要です。

多くの求人情報が掲載されているか、地域や職種に合わせた幅広い選択肢があるかを確認しましょう。

介護転職サイトを選ぶポイント③スカウト機能の有無

スカウト機能があると、企業から直接オファーを受けることができます。スカウト経由での内定率が高い場合、より多くの求人にアプローチできる可能性があります。

  • 介護求人パーク編集部

    スカウト機能がある転職サイトに1つ以上に登録すことをおすすめします。

参考:【介護士におすすめの転職サイトランキング10選】利用者の口コミも紹介

介護転職サイトを選ぶポイント④使いやすさとサポート体制

サイトの使いやすさや応募手続きの簡便さ、およびサポート体制が重要です。

利用者に対して丁寧なサポートが提供されることで、転職活動がスムーズに進行します。

介護転職サイトを選ぶポイント⑤安心感と信頼性

大手の運営会社が提供している転職サイトや口コミの評判が良い介護求人サイトは、安心して利用できる可能性が高いです。

介護転職サイトを選ぶポイント⑥情報の正確性と更新頻度

求人情報の正確性や更新頻度が高いかどうかを確認しましょう。情報が古くなっていると求人情報が見つからない可能性があります。

介護転職サイトを選ぶポイント⑦転職エージェント機能の有無

面接対策や履歴書の添削などのキャリア支援サービスが提供されているかも重要なポイントです。

これらのポイントを考慮して、自身のニーズに合った介護転職サイトを選ぶことが大切です。

介護士転職サイトは複数登録がおすすめ

介護士転職サイトは複数登録がおすすめ

複数の求人サイトを比較して検討し、自分にとって最適な転職サイトを見つけることが成功する転職活動の鍵となります。

参考:介護転職サイト 口コミ・評判ランキング

参考:介護からの転職におすすめの職種13選|体験談からわかる転職成功のコツ・注意点を紹介します

介護士転職で後悔や失敗しないためのコツ

介護士の仕事は介護の現場での肉体労働がほとんどであるうえに、高齢者や障害者などの被介護者との関わりや同僚とのコミュニケーションなくしては仕事にならず時に精神的にも負担がかかやすいとも言えます。

そんな介護士の転職では人間関係や待遇の改善を理由としているケースが多い一方で、転職先とのミスマッチにより転職を繰り返す人が少なくありません。

転職への後悔や失敗を避けるためには、以下内容を徹底することが重要です。

関連記事:【注意】介護士の転職で後悔・失敗しないための職場選びと転職活動方法とは?

【介護転職で後悔・失敗しないためのコツ】
①自己分析と希望条件の明確化
②転職サイトの比較
③転職先の情報収集
④面接対策の準備
⑤退職理由の説明
⑥転職エージェントサービスの利用

参考:【要注意】介護転職サイトは複数登録するべき?後悔する人の特徴

後悔や失敗しないコツ①自己分析と希望条件の明確化

自分のスキル、経験、希望する職場環境などをよく理解し、自己分析を行いましょう。希望条件を明確にすることで、マッチする求人を見つけやすくなります。

後悔や失敗しないコツ②転職サイトの比較

複数の介護転職サイトを比較し、求人情報やサポート内容、スカウト機能の有無などを検討して選びましょう。

おすすめ比較ポイント

おすすめ比較ポイント

信頼性や使いやすさも重要な要素です。

後悔や失敗しないコツ③転職先の情報収集

転職先の施設や企業についてよく調べて、職場の雰囲気や評判を把握しましょう。面接前に訪問することで実際の環境を見ることができます。

後悔や失敗しないコツ④面接対策の準備

面接対策をしっかり行い、自己PRや志望動機を明確に伝えることが重要です。自分の強みややりたいことを具体的に伝えることで、面接官にアピールできます。

後悔や失敗しないコツ⑤退職理由の説明

前職の退職理由は誠実に説明しましょう。誤魔化したり、事実を隠したりすると信頼を失うことにつながります。

後悔や失敗しないコツ⑥転職エージェントサービスの利用

転職サイトのサポートやキャリアアドバイザーの助けを借りることで、転職活動をスムーズに進めることができます。

また、転職エージェントサービスを利用する際はサポートを提供してくれるアドバイザーやコンサルタントと積極的にコミュニケーションをとりましょう。自分の希望を伝えることで、より適切な求人紹介が受けられる場合があります。

  • 介護求人パーク編集部

    これらのコツを念頭に置いて、自分に合った転職先を見つけることが大切です。自分の目標や希望に合った転職を成功させるために、冷静な判断とよく考えることが必要です。

参考:介護士転職サイトおすすめ10社比較!後悔しない評判の良いピッタリ求人が必ず見つかる

参考:介護士転職サイトおすすめ22選|転職の専門家が比較ランキングを徹底解説

自分に合う介護職場を探す方法

仕事を探す際には、仕事内容や条件など直接関連する要素を確認することが基本的です。

長期的に働きたい場合、求人情報に掲載されている施設や事務所の職場環境にも注意を払うことをおすすめします。条件が良くても、職場環境が自分に合わないと、仕事以外のことでストレスを感じることがあります。

ここでは、自分に合った職場環境を見つけるために確認するべき5つのポイントを紹介します。

【自分に合う介護職場を探す方法】
・仕事と給料が適正であるか
・介護施設の特徴を把握する
・施設の受け入れ体制を確認
・通勤圏内にあるか
・転職サイトのエージェントに相談

参考:介護から転職するには?おすすめの業種&活かせる経験も解説!

仕事と給料が適正であるか

仕事内容と給料を比較し、自分に適した職場を見極めましょう。高給与の職場を希望することもあるでしょうが、高給与だけでなく責任や仕事の内容も考慮する必要があります。

各職場の勤務条件や給与を綿密に比較し、自分に合った求人に応募することをおすすめします。

介護施設の特徴を把握する

介護施設は、入所型施設、通所型施設、訪問介護などさまざまなタイプがあります。施設の目的やサービス内容によって働き方も異なります。

自分に合った職場環境を見つけるために、各施設の特徴をよく理解しましょう。

施設の受け入れ体制を確認

経験豊富で活躍している介護士、別の職種に挑戦したいと考える方、未経験の方など、さまざまな背景を持つ転職希望者がいます。自分の状況に合わせて求人の条件を見極めましょう。

未経験歓迎の求人なら、研修制度や先輩介護士のサポートがあることが考えられます。自分の実力を正しく理解し、自分に合った条件の職場を探し心がけることをおすすめします。

通勤圏内にあるか

毎日通勤するため、負担のない距離の職場を選びましょう。特に夜勤や早番の場合、公共交通機関の利用が制限されることがあるため、通勤が困難な場合があります。

通勤がしやすい車や自転車で通える施設を選択することで、通勤の負担を軽減できます。

転職サイトのエージェントに相談

職場の現状や求人情報に対してわからないことや聞きづらいことがある場合、転職サイトのエージェントに相談すると良いでしょう。

転職エージェントサービスがある求人サイトなら、仕事探しから施設との連絡までサポートしてもらえるため、安心して仕事探しに専念できます。

転職エージェントを通して聞くことで、職場や人間関係などの情報も得られ、希望条件に近い仕事を見つける可能性が高まります。

  • 介護求人パーク編集部

    これらのポイントを押さえて、自分に合った職場環境を見つけることが大切です。失敗を避けて、希望に沿った転職を成功させるためには、じっくりと考えて行動することが重要です。

参考:介護士おすすめ転職サイト14社ランキング!求人数・目的別で比較

参考:介護士におすすめの転職サイト6選比較!介護ブロガーに聞く後悔しない転職活動

介護職の転職で有利になるおすすめ資格4つ

介護職として働く方にまず取得をおすすめする資格は以下の通りです。

【介護職が取得しておきたいおすすめの資格】
・1.介護職員初任者研修
・2.介護福祉士実務者研修
・3.介護福祉士

「1.介護職員初任者研修→2.介護福祉士実務者研修→3.介護福祉士」の順でステップを踏んでいく流れが一般的です。

介護職の仕事は無資格・未経験でも始めることができますが、特定の資格を取得していなければ働けない施設や業務領域があります。

幅広い業務内容に携わり、介護職としてキャリアアップ・年収アップを目指している方は、参考にしてください。

  • 介護求人パーク編集部

    介護士として就きたい仕事によっては、資格が必要となることもありますので注意してください。

ここで紹介する4つ以外にもさまざまな介護職に役立つ資格があるので、興味がある方は『介護の「仕事の種類」と「必要&役立つ資格」おすすめ転職・求人サイト』もご覧ください。

参考:【2023年】介護士転職サイトおすすめ10社比較ランキング!口コミ評判や選び方も解説

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は介護士としての基本的な資格で、介護業務を行うための最低限の知識と技術を身に着けることを目的としています。

2013年4月以前は、「ホームヘルパー2級」という名称でした。

名称が変わっただけでなく、内容も変更されており、修了試験や講義と演習の統合などが行われています。

しかし、ホームヘルパー2級を取得している場合でも介護業界で働くことは可能です。

関連記事:介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)とはどんな資格?試験内容・費用・給料など徹底解説

介護福祉士実務者研修

介護職員初任者研修よりも実践的な知識と技術を学び、より質の高い介護業務を行うことができる資格です。

国家資格である介護福祉士の試験を受験するためにも必要な資格です。

介護職員初任者研修で習得した基本的なスキルに加え、専門的なスキルを有していることを証明する資格でもあります。幅広い職種で活躍できます。

関連記事:実務者研修とは?

介護福祉士

介護資格の中で唯一の国家資格であり、介護に関する技術を持っていると国に認められた職員であることを証明できる資格です。

チームリーダーや生活相談員など、重要な仕事を任されることが多く、幅広い介護施設で必要とされる資格です。

将来的にケアマネージャーを目指す方にも必要な資格といえますので、責任ある役職で介護士として働くのであれば取得しておくことをおすすめします。

詳細は公益財団法人社会福祉振興・試験センターの「介護福祉士国家試験」をご覧ください。

関連記事: 介護福祉士とは?受験資格・試験概要・年収など徹底解説

関連記事: 介護支援専門員(ケアマネージャー)とは?介護の仕事・求人探しガイド

 関連記事:介護士向け転職サイト・転職エージェントおすすめランキング!口コミ・求人数を徹底比較

介護士転職での具体的なキャリアアップイメージ【職種】

ここでは、介護士のキャリアアップに適した具体的職種例をご紹介します。

介護士としてキャリアアップを実現するために必要な資格「介護福祉士」を取得することで、以下のような上位職ポジションに就ける可能性が高く、キャリアの幅が広がったり、専門性を高めることができます。

【キャリアアップを辿る介護士の具体的な職種】
・ケアマネージャー(介護支援専門員)
・サービス提供責任者(サ責)
・生活相談員(ソーシャルワーカー)
・管理職・施設長

  • 介護求人パーク編集部

    資格取得だけを目的とせず、取得した資格を活かして活躍の領域を広げていきましょう。

関連記事:未経験でも介護士転職サイトには求人があるのか?おすすめの転職サイトも紹介

ケアマネージャー(介護支援専門員)

介護支援専門員のことをケアマネージャーともいい、介護が必要な方が介護サービスを受けられるようにケアプランを作成したり、事業者との調整を行ったりする介護保険のプロです。

直接サポートはしませんが、介護を必要とする方やその家族の状況に応じたサービスを提案する重要な役割を果たします。

ケアマネージャーになるためには、以下のステップを辿る必要があります。
・1.ケアマネージャー試験に合格
・2.介護支援専門員実務研修の受講・修了
・3.3カ月以内に、介護支援専門員資格登録簿に登録/介護支援専門員証の交付申請

ケアマネージャーの仕事に就くことで、キャリアアップや年収アップを実現できるだけでなく、比較的ライフワークバランスがとりやすい点も魅力です。

サービス提供責任者(サ責)

・訪問介護での事業所の要となる職種で、訪問介護計画書の作成や利用者と家族との窓口業務、ヘルパーの育成を担当します。

・介護士技術に加え、コミュニケーション能力やマネジメント力が求められます。

・「サービス提供責任者」という資格はなく、介護福祉士資格の取得や実務者研修の受講が必要です。

・介護転職サイトでサービス提供責任者の求人を探すことができます。

関連記事:サービス提供責任者(サ責)とは?

生活相談員(ソーシャルワーカー)

・特別養護老人ホームや短期入所生活介護(ショートステイ)などの介護福祉施設における専門職で、利用者や家族の相談対応や関係機関との調整・連絡を行います。

・社会福祉士や精神保健福祉士などの資格取得が一般的です。

・介護転職サイトで生活相談員の求人を探すことができます。

関連記事: 生活相談員・医療相談員・支援相談員とは?

管理職・施設長

・介護職員のマネジメントや施設運営を担当します。

・介護の現場にはあまり出ず、管理業務に専念します。職場環境の改善や職員の採用、給与の支払い管理なども行います。

・介護技術に加え、幅広いスキルが必要であり、ベテランの介護士のキャリアアップ先としておすすめです。

・役職手当がつく企業もあり、高年収も目指せるでしょう。

・施設形態によって任用要件が異なるので、特別養護老人ホームの場合は条件が異なります。

関連記事: ホーム長・施設長・管理者とは?

これらのキャリアアップ例は、介護士としての経験や資格を活かして、より高いレベルでの仕事に挑戦することができるものです。

  • 介護求人パーク編集部

    介護転職サイトを通じて求人情報を探し、自分に合ったキャリアアップの道を見つけてみてください。

参考:介護職の転職・求人サイトをランキングで比較!口コミと共に紹介!

介護転職サイトを利用するメリットとデメリット

エージェントサービスを手がける介護士転職サイトを利用するにあたっては転職活動を進めていくうえで多くのメリットを得られる可能性がある一方で、デメリットはゼロとは言い切れません。

以降では介護士転職サイトを利用するメリット・デメリットを順にお伝えするので、初めて介護士向けの転職サイトを利用する方や、これから利用する転職サイトを検討している方はまずは把握しておきましょう。

参考:介護転職にありがちな失敗事例とは?後悔しない転職のためにできること

介護転職サイトを利用するメリット

エージェントサービスを手がける介護転職サイトを利用することには多くのメリットがあります。以下で主なメリットについてご紹介します。

【メリット】
①:求人情報が豊富で選択肢や視野が広がる
②:求人情報を比較しやすい
③:キャリアアドバイスやサポートにより転職活動を効率化できる
④:非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
⑤:介護士向けに研修支援があることも

メリット①:求人情報が豊富で選択肢や視野が広がる

介護士向けの転職サイトには、数多くの介護施設や医療・介護関連企業の求人情報を集約しており、仕事内容や働き方などの求人概要がわかりやすく記載されています。

特に、大手の転職サイトでは全国エリアの求人をカバーしており、正社員に限らずパート・アルバイト契約社員、派遣といった各雇用形態の求人を取り扱っていることが一般的です。

1つの転職サイトから幅広い選択肢が多い分、相性の良い職場と出会える確率を高めることに繋がります。

メリット②:求人情報を比較しやすい

転職サイトでは、求人検索機能を活用し、地域や雇用形態、働き方などの細かい勤務条件を設定することで、豊富な求人の中から希望条件に当てはまる求人を絞り込むことができます。

全体の求人数が豊富であること以上に、自分が対象とすべき求人ボリュームがどの程度あるのかを把握し、他社の転職サイトと比較し自分に合った転職サイトを選び抜く使い方も可能です。

メリット③:キャリアアドバイスやサポートにより転職活動を効率化できる

エージェントサービスを手がける介護士向け転職サイトでは、求職者の転職を個別にサポートするキャリアアドバイザ(コンサルタント)より、求人紹介をはじめとし、キャリア相談や選考対策、応募先との交渉ごと、入職後のアフターフォローなど、一貫してサポートを受けることが可能です。

介護士未経験や無資格者もサポート対象であることが多く、初めて転職をする方や就職・転職に関して不安がある方にも寄り添って、アドバイスを受けながら効率的に転職活動を進めやすい環境が整っています。

メリット④:非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

多くの転職サイトではネット上や求人情報誌に公にされていない非公開求人を取り扱っており、非公開求人として扱われる求人内容の特徴としては主に下記の通り訳あり求人であることが一般的です。

◆非公開求人とは
・好条件で応募の殺到が見込まれる求人
・採用を急ぐ求人
・最新の求人
・管理職求人 転職サイト

によっては登録を済ました後でも求人一覧では確認できない非公開求人の存在があるケースも少なくありません。

エージェントサービスを受けることで、非公開求人を含めて求職者に合った求人を厳選してくれるため、登録することで非公開求人を紹介してもらえる確率が高まります。

メリット⑤:介護士向けに研修支援があることも

介護士向けの転職サイトでは介護士向けに資格取得やスキルアップを目的とした研修支援を手がけていることも珍しくありません。 未経験・無資格者の方でも介護士として働きながら資格取得ができるため、効率的にキャリアアップの一歩を踏み出すことができます。

参考: 介護職におすすめの転職エージェントランキング10選|口コミ評判・体験談で徹底比較

介護転職サイトを利用するデメリット

介護転職サイトを利用する際には、いくつかのデメリットが生じる可能性があることも認識し、デメリットを感じることが内容工夫することも大切です。

以降では個別転職サポートを受けられるエージェントサービス付きの転職サイト利用時のデメリットについて詳しくお伝えします。

【デメリット】
①利用する場合は自分のペースで転職活動を進めにくい
②担当者によって対応の質に当たり外れがある
③連絡の頻度が高いことで不快に感じるケースも
④地方エリアの求人数が少ないことも
⑤必ず求人紹介を受けられるとは限らない

デメリット①:利用する場合は自分のペースで転職活動を進めにくい

エージェント型の転職サイトでは担当キャリアアドバイザーによる求人紹介をはじめとした個別サポートを受けられるメリットがある反面、キャリアアドバイザーとの二人三脚となるためマイペースに転職活動を進めていくことは厳しいと認識しておくべきです。

独自で求人を探して転職活動を進めていくよりも転職活動の効率や質を高めることが期待できますが、サービスの特性上、担当者と電話やメールのやりとりをし自分のペースを乱されることに抵抗がある方には不向きでありデメリットに感じてしまうことでしょう。

とは言え、キャリアアドバイザーは求人票には掲載されていない詳しい職場情報を手に入れているため、職場との相性を考慮した職場選びの質を高めることが可能です。

自分のペースで転職活動を進めたい思いが強い方もエージェント型の転職サイトと直接応募型の転職サイトを併用し、まずは実際に相性の良し悪しをはかってみることをおすすめします。

デメリット②:担当者によって対応の質に当たり外れがある

エージェント型の転職サイトでは介護業界に精通しているキャリアアドバイザーが求職者の転職活動を個別にサポートしてくれますが、キャリアアドバイザーの質には当たり外れがあるのが現実です。

エージェント型の転職サイトの利用満足度や転職活動の質は、担当キャリアアドバイザーの質の良し悪しが左右すると言っても過言ではありません。

担当者自身の利益を優先した求人提案や不要に内定承諾を迫ってきたり、一方的なコミュニケーションをはかり求職者に寄り添わない担当者が選任されてしまった場合には、「担当者の変更希望を申し出る」「利用する転職サイトを乗り換える」ことで早急に対処するのが賢明です。

デメリット③:連絡の頻度が高いことで不快に感じるケースも

エージェント型の転職サイトの登録者による数々の口コミの中でも目立ってあがるネガティブな内容が「連絡頻度が多すぎて不快である」という主旨の声です。

エージェント型の転職サイトに登録することで求人提案のためのヒアリングを目的とした面談を実施するため、電話やメールのやりとりで面談日時を取り決めることが一般的な流れとなります。

ボランティアではなくビジネスとして転職サービスを提供していることを前提に、キャリアアドバイザーからかかってきた電話に応じないことには、時間を問わず着信が頻繁にあることは致し方ないと認識しておきましょう。

また、初めのやりとりの段階で希望の連絡頻度が時間帯をお伝えしておくことで以降のやりとりをスムーズに進めていきやすくなります。 なおも一方的に連絡をしてくるようであれば他の転職サイトを活用することで対処することも方法のひとつです。

デメリット④:地方エリアの求人数が少ないことも

大手の転職サイトでは全国の求人を広く取り扱っている一方で都市部に求人が集中していたり、希望エリアによっては求人の選択肢が少ない可能性があります。

介護職向けの転職サイトを選ぶポイントのひとつとして、実績がある大手の転職サイトを選ぶことがおすすめですが、地方勤務を希望している方は対象エリアの求人数が不足していないかをあらかじめ把握しておくことが大切です。

全国対応の転職サイトでは比較検討するほどの求人数を補えない場合は、地域密着型の転職サイトやハローワーク、地域の求人情報誌などをあわせて活用してみましょう。

メリット⑤:必ず求人紹介を受けられるとは限らない

求職者ひとりひとりに合った求人提案を受けられることが利用するメリットのひとつであるエージェント型の転職サイトですが、登録したことで求人紹介を受けられることが約束されるわけではありません。

経歴やスキルに見合っていない高望みの希望条件を譲れない場合や希望勤務地の求人の取り扱いが少ない場合には、現在紹介できる求人がないと伝えられたり、連絡が途絶えるケースもあるのが現実です。

とはいえ、登録し利用を進めてみなければわかりません。 介護職としての市場価値や可能性をはリアルにはかることができるため、まずは躊躇わずに登録してみることがおすすめです。

  • 介護求人パーク編集部

    これらのデメリットを理解した上で、信頼性のある転職サイトを選んで利用することが重要です。また、転職活動においては複数の情報源を活用することで、より幅広い情報収集が可能となります。

参考:介護職の転職サイト15社を比較!おすすめポイントや転職のコツなど解説

介護転職サイトに登録してからの具体的な転職の流れ

介護転職サイトの中には求人掲載をして自ら検索し応募する仕組みの求人応募型の転職サイトの他に、キャリアアドバイザーによる個別サポートを受けられるエージェン型の転職サイトも多数あります。

以下ではエージェント型転職サイトの利用手順についてご紹介するので、エージェントサービスの利用を検討している方はひとつ参考にしてみてください。

【介護転職サイトに登録してからの具体的な転職の流れ】
・ステップ①:登録
・ステップ②:面談
・ステップ③:求人紹介
・ステップ④:添削・応募・書類選考
・ステップ⑤:面接対策・面接選考
・ステップ⑥:内定
・ステップ⑦:退職/入職後フォロー

参考: 介護転職サイトの評判は?評判の良い転職サイト4選も紹介

ステップ①:登録

まずは利用したい介護士転職サイトにアクセスのうえで登録を行います。

受付時間内であれば電話で登録希望を申し出ることで登録できるケースもありますが、web上の登録の場合は時間を選ばず都合の良いタイミングで登録することが可能です。

主な登録内容としては、以下の通りです。

<主な登録内容>
氏名/電話番号/メールアドレス/資格/就業状況/経歴/転職希望業態 など

ステップ②:面談

サイトへの登録が完了次第、メールまたは電話で初回の面談の案内があります。

面談当日は介護職としてのキャリアやスキル、希望条件などについて詳しくヒアリングがあり、今後のキャリアについて相談することも可能です。

納得のいく求人紹介を受けられるように、面談時に譲れない条件を明確に伝えておきましょう。

ステップ③:求人紹介

面談を終え、求職者に適切な求人が見つかり次第求人紹介を受ける流れとなります。

仮に、紹介された求人が意向に沿わない場合は、無理に応募する必要はなく、理由を添えて断ることで、担当者が次に紹介する求人を吟味する際の認識のズレを防ぐようにしましょう。

 

ステップ④:添削・応募・書類選考

応募したい求人案件の紹介を受け次第、応募書類の作成に移ります。

介護士業界に精通したキャリアアドバイザーによる添削サポートを受けられるため、応募書類に記載する要領がわからない方も安心です。

また、求人先への応募に関する一連の手続きも担当者が担ってくれます。

ステップ⑤:面接対策・面接選考

書類選考に通過したら、次は面接選考です。

面接選考への通過率を上げるべく、面接突破に向けた模擬面接などの対策を受けることができます。

応募先施設に関する細かな情報を入手しているため、独自で選考に挑むよりも通過率を高めていくことができるでしょう。

ステップ⑥:内定

無事、面接選考を通過したら、担当者を通して内定の知らせを受けます。

内定の知らせを受けたら、内定を承諾するかどうか最終の意思確認が行われますが、内定承諾次第、入職日に向けた調整を進める流れとなります。

仮に、内定を獲得したものの辞退したい場合は承諾前であれば内定を断ることは可能です。

ステップ⑦:退職/入職後フォロー

エージェントサービスを手がける転職サイトでは内定が決まった後の退職や入職後についてもフォローをしてくれることが一般的です。

例えば、勤務先の退職にあたって困ったことがあればアドバイスを求めることできます。ただし、退職代行サービスのように勤務先との仲介になって退職手続きを進める対応は行なっていません。

入職後については入職前に認識していた待遇とギャップがあったり、先々に不安に思うことがあれば相談することができるよう「相談室」を設けているところも多くあります。

入職してすぐは慣れない職場や仕事に戸惑ったり、ギャップを感じてしまうことがある場合はひとりで抱え込まず転職サイトの窓口や当時の担当者に気軽に相談してみることがおすすめです。

 

このように、エージェント型の転職サイトを利用することで、効率的に転職活動を進めることができます。

ただし、エントリーや面接などの段階では自己管理が求められるので、注意が必要です。

参考:介護の求人探しに!転職サイトランキング【34サイト徹底比較】

参考:介護転職エージェントは複数登録すべき!その理由とデメリットを詳しく解説

介護福祉士と介護士はどう違う?転職サイトで求人を探す基礎知識

介護福祉士と介護士の具体的な違いについて以下の観点で解説します。

介護福祉士と介護士の違い①仕事内容

介護福祉士

介護福祉施設や保健福祉センター、地域包括支援センターなどで、高齢者や障害者などの介護を行う専門職です。介護計画の作成やケアプランの実施、相談支援など、高度な専門性が求められる仕事を担当します。

介護士

介護福祉施設や在宅サービスなどで、高齢者や障害者などの介護を行う職種です。身体介助や日常生活のサポートなど、利用者の生活支援が主な業務です。

介護福祉士と介護士の違い②資格の取得方法

介護福祉士

国家資格であり、介護福祉士国家試験に合格することで取得できます。試験は一般的に年に2回実施され、介護関連の専門学校や短大・大学で学ぶことが一般的です。

関連記事:【社会福祉士】とは、どんな資格?

介護士

国家資格ではなく、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の修了や実務経験を有することで、介護士の称号を得ることができます。資格取得後、介護士としての経験を積むことでスキルを磨いていきます。

介護福祉士と介護士の違い③年収

介護福祉士

介護業界での専門性を持つため、給与面での待遇が比較的高く、平均年収は一般的に介護士よりも高い傾向にあります。

介護士

専門性が高度でないため、給与面では介護福祉士よりもやや低めの傾向がありますが、経験によって収入を増やすことが可能です。

以上のように、介護福祉士と介護士は仕事内容、資格の取得方法、および年収などの面で一部の違いがあります。

  • 介護求人パーク編集部

    どちらの職種も重要な役割を果たしており、介護業界における専門職として大切にされています。

参考:介護職転職サイトおすすめ78社比較ランキング

参考:なぜ、介護職の転職サイトは複数登録が必要なの?

介護転職サイトがおすすめな人の特徴

  • 介護求人パーク編集部

    介護士で転職を考えている場合、介護転職サイトの利用がおすすめな人の特徴は以下のようなものです。

【転職サイトの利用をおすすめする人の特徴】
・時間に余裕がない方/効率的に転職活動をしたい方
・職種や施設にこだわりがある方
・地域を限定せずに仕事を探したい方
・キャリアアップや待遇改善も目指す方
・求人情報を比較検討したい方
・転職に不安を抱えている方
・介護未経験・無資格でスキルがない方

参考:介護職のおすすめ転職サイト15社を紹介!転職活動のポイントも解説

転職サイト利用がおすすめ①時間に余裕がない方/効率的に転職活動をしたい方

介護転職サイトは24時間いつでも利用できます。

仕事中や忙しい日々でも隙間時間に、PCやスマートフォンを使って自分のペースで求人情報を閲覧できるため、時間を有効に活用したい方に適しています。

エリアや施設タイプ、雇用形態、職種といった細かな条件を設定のうえで、簡単に求人検索が可能です。また、転職サイトのエージェントサービスを利用することで、介護業界に精通したキャリアアドバイザーより求人紹介やキャリア相談、選考対策、応募先との調整ごとの代行など転職活動を一貫して個別サポートしてくれるため、より効率的に転職活動を進められることが期待できます。

転職サイト利用がおすすめ②職種や施設、雇用形態にこだわりがある方

介護転職サイトでは、様々な施設や職種、雇用形態の求人情報を豊富に取り扱っており、条件設定のうえで求人検索をかけることで求人の絞りこみができます。

また、転職サイトのエージェントサービスを活用することで転職を個別サポートしてくれる担当者に転職先に求める条件を伝えることで、キャリアを考慮し条件に見合った求人紹介を受けることも可能です。

よって、希望する職種や施設携帯、働き方が明確な人は効率的に相性の良い求人と出会える確率が高いと言えます。

自分の希望に合った条件で仕事を効率的に見つけたい方に向いています。

転職サイト利用がおすすめ③地域を限定せずに仕事を探したい方

介護転職サイトには全国各地の求人情報が掲載されているため、地域を限定せず求人を探したい方にも適しています。

転職サイト利用がおすすめ④キャリアアップや待遇の改善を目指す方

転職サイトでは、キャリアアップや待遇の改善を図るためのノウハウの情報提供や資格取得講座を実施していたりと、求人を探す以外にも利用するメリットがあります。

特に、エージェントサービスを利用することで、キャリア相談や転職ノウハウを担当者が直接行ってくれたり、応給与をはじめとした待遇に関する交渉ごとを代行してくれます。

経験やスキルを活かしてステップアップしたい方が情報収集をしたり、視野を広げて転職活動を進められる点でも看護師転職サイトの利用はおすすめです。

転職サイト利用がおすすめ⑤求人情報を比較検討したい方

転職サイトでは複数の求人情報を比較検討することができます。

待遇や勤務条件を詳細に確認し、自分に合った仕事見つけたい方に向いています。

転職サイト利用がおすすめ⑥転職に不安を抱えている方

転職サイトには転職に関するノウハウやアドバイスが豊富に掲載されているため、転職活動のヒントを得ることができます。

ココがポイント

ココがポイント

また、転職サイトのエージェントサービスを利用することで求人紹介から内定、入職後までを一貫して個別にサポートしでもてもらえるため、転職に不安を抱えている方でも、安心して転職活動を始めることができます。

関連記事:介護職で転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方とは?おすすめの転職サイトも紹介 

転職サイト利用がおすすめ⑦介護未経験・無資格でスキルがない方

未経験・無資格で介護士転職に挑戦したいと考えている方にも、転職サイトの利用はおすすめです。

介護士の仕事は未経験・無資格でも仕事を始めることが可能であり、就職後に実務経験を積みながら資格を取得しキャリアアップすることもできます。 もちろん、計画的に就職・転職前に資格を取得できるのであればベターです。

介護士転職サイトのエージェントサービスを活用することで多くの場合に未経験・無資格者向けの求人提案や選考対策を行なってくれるため、現時点でスキルがなくとも介護士としてのキャリアをスタートさせられる可能性を高めることができます。

また、介護士向けの転職サイトでは無料で資格取得支援を目的とした研修サービスを手がけているところもあるため、介護士向け転職サイトの付帯サービスにも注目してみてください。

  • 介護求人パーク編集部

    これらの特徴に当てはまる方は、介護転職サイトを利用することで自分に合った仕事を見つけることができるでしょう。

参考:介護転職サイトの人気おすすめランキング8選

参考:介護職が転職に失敗する理由は?成功のコツや後悔しない求人の選び方を解説

介護士が転職を考える理由ランキング

一般的な介護士が転職を考える理由についてランキング形式で10個紹介します。

【介護士転職理由ランキング】
・ランキング①:待遇や給与の改善
・ランキング②:職場の人間関係の改善
・ランキング③:キャリアアップ
・ランキング④:求める仕事内容が異なる
・ランキング⑤:労働負担の軽減
・ランキング⑥:キャリアチェンジ
・ランキング⑦:結婚・出産・育児
・ランキング⑧:通勤条件の改善
・ランキング⑨:家族の事情

参考記事:【介護転職サイト】おすすめ15社ランキング|口コミ・評判・求人数を徹底調査

介護士転職理由ランキング①待遇や給与の改善

介護士が転職を希望する理由のランキング1位は「待遇や給与が悪いため」です。

現在の給与や待遇が低く、生活の安定や将来のため、収入アップを目的に転職を考える介護士は数知れません。

介護士として年次を重ねても中々給与が上がらず、仕事のモチベーションを保つことが難しく、介護士として職場を変える方の他に、介護士を辞めて他職種への転職を希望する方も少なくないようです。

将来の不安を解消

将来の不安を解消

家族の生活負担を軽減したり、将来の不安を解消するために給与面の改善を求めることがあります。

口コミ「給与が低すぎて介護士を辞めたい/転職したい」

「私が介護士辞めたいと思う時ランキング第1位 _人人人人人人人人人 手取りが少なくて ボーナスがない Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄ でもその分得られるもの多いので辞めたい欲すぐなくなります」(出典:X(旧 twitter)) 

「いいね♡が精一杯のこの頃。 キツイ正直ツライ 仕事辞めたいって久しぶりに思った(´-`)oO 何でこの仕事してるのか自分でも分からないこっちが先にお空に逝きそう。と職員言ってます 介護士に給料下さい。労災レベル 仕事辞めたい」(出典:X(旧 twitter)) 

「介護士ずっと続けていくには実家暮らししか無理だわ一人暮らしでは厳しすぎる もう5年も働いたし違う業種に転職しようかな…」(出典:X(旧 twitter)) 

「10年前の介護士で働いた時の一年目の給料を上げます。 手取り152000円やけど交通費16000円引いたら136000円一年目やから二年目はさらに激安です。 自分は見切りをつけて転職して、営業職になったんで良かったです。 介護職してる若い人で、辞めたいと思ってるならすぐ辞めて、違う職をすすめます。」(出典:X(旧 twitter)) 

「介護士の給料は上がらないから転職したい けど介護の仕事しかしたことないから他の職種に転職はこわい... ただ介護の仕事したいだけなのに 給料問題でこんな悩みを抱えてる人や 介護職を辞めちゃう人多いよね 介護業界がもっと良い方に変わればいいのに って他人任せじゃ何も変わらないか...」(出典:X(旧 twitter)

口コミ「結婚に向けて他職種への転職を希望」

「先日相談に来た介護士の人、30才くらいで、夜勤もいっぱいやって、手取り17~18万円位で結婚するに際して転職を考えてるっていってた。 夜勤を含むフル稼働、給料倍でちっともおかしくない。」(出典:X(旧 twitter)) 

「私も反対です。 知人の息子さんが介護士の仕事をしていましたが給料が少なく、彼女ができて結婚を考えるようになってから看護士の資格を取り転職しました。 介護士の待遇改善をすれば日本人も増えるはずです。」(出典:X(旧 twitter)

「コメントありがとうございます。 介護の現場で働いていた若い頃は、入院や入所されている高齢者の方に尊敬の念を持って関わらせて頂いていたのですが、結婚や転職で介護士を辞めてから目にする高齢者の方々の姿に、尊敬の気持ちも介護士に戻る気力も薄れてしまいました。」(出典:X(旧 twitter)) 

口コミ「金銭的に介護職で子育てするのが厳しい」

「介護職してる幼馴染が転職したいとボヤいてましたね〜(´・ω・`) 給料の低さで、子ども達を養えるか不安だと…。その子は実家で親に育児協力してもらってるからまだいいと言ってたけど夫婦で介護職はキツイと(´・ω・`)」(出典:X(旧 twitter)) 

介護士転職理由ランキング②職場の人間関係の改善

介護士に限らずいずれの仕事においても転職理由の上位にあがる「職場の人間関係」。良好な職場環境を求め、コミュニケーションの改善やワークライフバランスの調整を望むことがあり、人間関係は転職理由ランキングの上位になります。

同僚同士の人間関係に加えて、入居者の方とも良好な関係を築かなければならない介護士の職場は他職種以上に人間関係のハードルが高いのが現実です。

人の出入りが激しく、人手不足を抱えている施設も多いため、働き手の気持ちに余裕がなく、職場の空気感が悪くなってしまいやすいことが根本的な課題と言えます。

口コミ「職場の人間関係や雰囲気が悪くて転職したい」

「もー辞めたい! もー嫌だ! お局軍団は世間話、悪口言ってるだけで仕事せず。 自立入居者4名を2人介護。 1人のオムツ替えに50分。 自分は全介護を10名ワンオペ。 就寝介助は1時間で済ませろ! おはよう! お疲れ様!も言われない。 本当にもう限界。 #介護士 #介護施設 #ワンオペ」(出典:X(旧 twitter)) 

「自分自身… #職場で暗すぎて…辛すぎて…5年振りに昔よく行ってたお店に行って久しぶりの仲間にあって楽しく酒飲み過ぎて最悪の結果になってみんなに迷惑をかけた…余計に後悔しかない もう今の職場はダメだ転職しよ…そしてまたいつかあそこで楽しい酒を飲みたい #悪酔い #介護士.」(出典:X(旧 twitter)) 

「今日の仕事は最悪だった。 また辞めたい波が襲ってきた。 60代の介護士さんたちに私のこと 「あれはダメダメ、使えない」って 言われてるの聞いた。 いや、聞こえるように言われた? 傷ついた  年上なら何言ってもいいんですか? 傷つかないとでも思ってます? ホント辞めたいし生きるの辛い。」(出典:X(旧 twitter)) 

介護士転職理由ランキング③キャリアアップ

キャリアアップを目的とし資格を取得したことがきっかけで転職を希望する人もいます。

介護士の専門性を求めて転職

介護士の専門性を求めて転職

管理職や施設長などのリーダーシップを発揮したいと考える一方で、専門職として専門性を高めたいと思うケースもあります。

口コミ「資格取得がきっかけにキャリアアップ転職を目指す」

「同じ話何度もするけど、ケアマネ取得して介護職員から転職したら給料激減ってのは、ほんとおかしな話。 まったく違う仕事に転職したんなら分かるよ?でもケアマネって介護福祉士取ってから5年とか働かないと受験資格もないんだから、ある意味介護福祉士より上位の資格やん。 それなのにさ··· 」(出典:X(旧 twitter)

「おはようございます 今日行けばとりあえず 会社の方は休みです 明日からニチイの研修始まります ちょっと大変な4ヶ月がスタートします 無事資格取って転職ですか #うつ病患者ある #介護」(出典:X(旧 twitter)

「管理栄養士持ってるのに、ケアマネの資格いらないじゃん?って聞かれるけど。 ウチの法人では福祉系or介護系の資格持っていないと管理職になれないのよね。係長止まりであと20年近く働きたくないし、転職の可能性も含めて、今回合格して良かった #ケアマネ合格」(出典:X(旧 twitter)) 

「35歳までには社会福祉士の資格を活かして介護から転職する予定だしなぁ今後処遇改善とかで手取り30万とかになったら残ってあげてもいいけど」(出典:X(旧 twitter)

関連記事:将来性の高い介護業界、介護職! その理由は?

介護士転職理由ランキング④求める仕事内容が異なる

特定の介護分野やサービスに興味を持ち、それに特化した職場を希望する介護士がいます。

  • 介護求人パーク編集部

    例えば、認知症ケアに特化した施設や訪問介護など、自分の専門性を活かしたい場合があります。

介護士転職理由ランキング⑤労働負担の軽減

現職の施設が人員不足により負担が大きく、ストレスを感じる介護士がいます。

安定した職場で負担を軽減させたいことが転職理由となり、人員が適切に配置されている施設を求めることがあります。

労働負担が多い施設も多いため、ランキング上位の理由になります。

口コミ「労働負担が大きくて転職」

「仕事しんどい。もう辞めたい。 介護士のメンタルケアもしてくれよ…」(出典:X(旧 twitter)) 

「布団カバー食いちぎろうとしたり靴食い破ろうとしてる利用者がいて、万が一飲み込んじゃったら危険だからと止めると殴りかかってくるし唾吐きかけられる。そんな毎日。 これで月6000円アップでだからな あ〜辞めたい #介護士」(出典:X(旧 twitter)) 

「言葉って話し方って難しいですよね。私は介護士をしていました。ご高齢者様はプライドが高い方が多く、固定観念がすごく、接し方に気をつけてきました。職員さんも難しい変わった方がおりコミニュケーションがとても大変でした。 メンタルダウンして退職。次にアパレルメーカーに転職しましたが、、、」(出典:X(旧 twitter)) 

「本当に。5分おきに「側にいてよ」とコールならされた時はキツかった。他にも見る人がいる、朝までに終わらせないといけない雑務がある。介護士辞めたいって思うのに他にやることもないのよね。」(出典:X(旧 twitter)) 

介護士転職理由ランキング⑥キャリアチェンジ

「介護以外の分野で新たにキャリアを築きたい」「介護士以外にやりたい仕事がある」ということが理由で転職する介護士もいます。

また、「介護士以外の仕事に就きたいけれど、なんの仕事が自分にあっているかわからず、一歩踏み出せない」といった介護士の声も散見されています。

基本的に介護現場での労働が主な仕事であり、働き方の柔軟性がないうえに社会的地位の低い職種として位置付けられてしまうことから、「働き方をシフトしたい」「他職種で収入をあげていきたい」という思いを持って他職種に転職する人も珍しくありません。

介護士以外のキャリアに転職

介護士以外のキャリアに転職

異業種への転身や介護業界以外の職種に興味を持ち、新たなチャレンジをしたいと考えるケースがあります。

口コミ「キャリアチェンジのために転職」

「介護士からエンジニア転職。慣れた業界を離れて新しい世界。正直、怖かった。でも勇気を出して、人生を「選択」。その結果、収入は倍に。家族との時間も増えた。続けるより辞める方が労力かかる。でも、「辞める」は「恥」ではないと伝えたい。人生において大事な選択肢。あの時、勇気を出してよかった」(出典:X(旧 twitter)

「別に転職進めるわけじゃないけど、介護職のひとたち、いろんな仕事できますよ!それぐらい才能豊かな人たちが溢れてると思う。 でも福祉の世界を支えて欲しいのが正直なところ。」(出典:X(旧 twitter)) 

「私はこの仕事が好き。他職種も経験したけど、やっぱり介護職に戻ってきた。 自分の実現したい介護があって転職と資格取得し、現在に至っている。 でも介護の醍醐味を伝える力は乏しいらしい。 自分の好きな仕事に就けている幸せな人間なはずなのに。 いまは、動けない。」(出典:X(旧 twitter)) 

「もう介護はしたくないなとは思うものの…今の自分が大体が福祉関係で出来ているようなものなので、他職種といってもどれが自分に合うのか何がしたいのかまるで分からない。 ぶっちゃけ働かずに楽したい…。 #介護 #転職 #悩み」(出典:X(旧 twitter)) 

「自分が介護職から転職するときに一番ドキドキしたのが他職種への適応能力やった。 別に転職進めるわけじゃないけど、介護職のひとたち、いろんな仕事できますよ!それぐらい才能豊かな人たちが溢れてると思う。 でも福祉の世界を支えて欲しいのが正直なところ。」(出典:X(旧 twitter)) 

参考:介護士が他業種に転職する方法とおすすめの業種を徹底解説

介護士転職理由ランキング⑦結婚・出産・育児

結婚や配偶者の転勤、出産・育児が理由で転職をする介護士も多く、転職理由として上位にランクインしています。

介護業界は男性よりも女性の割合が多いこともあり、ライフステージの変化を理由に転職せざるえない人が多い傾向にあり、ワークライフバランスを実現しにくい働き方を余儀なくされてしまうことからも仕事を辞めざるえなかったり、転職するしかないという方もいます。

妊娠中もつわりなどの身体の状態によっては産前休暇取得期間よりも早めに休職したり、育児休業から復帰することなく退職してしまうことも少なくないのが現実です。

口コミ「育児が落ち着いたら転職したい」

「私、入社8年目の正社員なんだけど3年前まだ介護士だった頃は月に6回ぐらい夜勤をして手取り11~12万だったな。クソだよね。いま思うと、こんな安月給であんなにハードな仕事よくやってたよな~と思う。今はケアマネで残業や休出もして15万。割に合わない~!!育児が落ち着いたら転職したいな」(出典:X(旧 twitter)

「介護士×保育士夫婦で薄給激務ゆえ、産休まで我慢して出産手当金をアテにしないと生活が成り立たたないので産んでから転職するつもりらしいんですが、心身に悪影響が既に出ていて客観的に今すぐやめるべきと思います いい機会なので辞めてもお金の心配はいらないと思えるような制度がないか調べ中…」(出典:X(旧 twitter)

関連記事:介護職の職場とは? 介護施設の種類とその特徴

介護士転職理由ランキング⑧通勤条件の改善

交通の便や交通費のサポートなど、通勤条件の改善を望む介護士がいます。

通勤時間を短縮したり、通勤にかかる負担を減らすために転職を考える場合があります。

口コミ「通勤が遠くて早いこと転職したい/転職したい」

「土日休みで募集してたのに実際入社したら固定でもらえるの日曜だけ。嫁が介護士なので夜勤はたまにしか対応出来ませんと面接の時に説明したはずなのに、お構いなしに夜勤させられる。 通勤も遠いし、まだ転職して3ヶ月だが見切りつけるには早い方がいいかな」(出典:X(旧 twitter)) 

「介護しながら仕事に行くのは限界がある気がする。 今後のこともあるし、辞めて在宅の仕事探すか、、、 時短にしてもらったけど通勤しんどい。」(出典:X(旧 twitter)) 

「本気で転職考えよう… こんなに大変なのに介護は給料よくないって、、リハのが給料いいとか羨ましいな。。 勤務地も遠いしもっと少人数の施設で家からも遠くないところにしたい。 通勤でも仕事量でも疲れて…」(出典:X(旧 twitter)) 

「〜給料はまぁまぁだったかな♪ ただ僕は家から職場まで通勤距離があって車で通ってんですよ(^^) けっこう大変だったので転職しました! でも介護士やってた事はいい経験になったと思ってますよ♪」(出典:X(旧 twitter)) 

ランキング⑨:家族の事情

家族の健康上の都合や介護により、働ける時間帯が限られてしまったり、体力的にも厳しいことから、介護士との両立が困難となり退職したり、転職するケースもあります。

口コミ「親の介護で仕方なく退職/転職」

「F外失礼。介護士資格取って転職したけど経験年数少なくて親の介護のため退職、親の介護終えて再就職して半年、夜勤未熟だと外されフルタイムで12万程度しか貰えなくなったから辞めた。人手不足と言いながらそんなものです。こちらが仕事しなくても食ってけると漏らしたから足元見られたか。」(出典:X(旧 twitter)) 

厚生労働省の調査|介護労働者の雇用管理の状況

さらに詳しく

厚生労働省の調査では、介護事業所を辞める主な理由について、第1位は「職場の人間関係に問題があった」(23.9%)です。第2位は「結婚・出産・妊娠・育児」(20.5%)、第3位は「理念や運営のあり方に不満があった」(18.6%)となっています。
(出典:厚生労働省「介護労働者の雇用管理の状況について」)

参考: 介護職の転職前にチェックしたい口コミサイト『スタッフボイス』

介護職で稼げる人気の職種ランキング【職業別の年収】

介護職で稼げる人気の職種とその理由をランキング形式でご紹介します。

また、年収例も職業別に示します。

参考:介護士向け転職サイトのおすすめ人気ランキング14選【徹底比較】

人気ランキング1位:サービス提供責任者(サービス管理責任者)

仕事内容

仕事内容

施設やサービスの運営全般の責任者。介護プランの作成やスタッフの指導、組織マネジメントを行う。

年収例:400万円 - 600万円

おすすめ理由

高度な責任が求められ、組織運営に関わるため、報酬も高め。

人気ランキング2位:介護支援専門員(ケアマネージャー)

仕事内容

仕事内容

利用者の介護プラン作成やサービス提供の調整、関係機関との連絡調整など、高度なコーディネーション業務。

年収例:350万円 - 550万円

おすすめ理由

専門的なスキルと責任が求められ、報酬が相応になる。

人気ランキング3位:看護師(介護老人保健施設など)

仕事内容

仕事内容

高齢者の健康管理、医療的なケア、薬の管理など、看護師の専門知識を活かした仕事。

年収例:350万円 - 550万円

おすすめ理由

看護師の資格を持つことで、介護職以上の収入を得ることができる。

人気ランキング4位:訪問介護スタッフ(正看護師など)

仕事内容

仕事内容

高齢者の自宅でのケアや訪問看護を担当。健康管理、医療的ケア、生活支援などを行う。

年収例:300万円 - 500万円

おすすめ理由

専門的なスキルを持つ訪問介護スタッフの需要が高まっており、高収入が期待できる。

人気ランキング5位:介護福祉士の管理職・施設長

仕事内容

仕事内容

施設の運営やスタッフの指導、予算管理などの組織マネジメント業務を担当。

年収例:300万円 - 500万円

おすすめ理由

組織全体を牽引し、高度なスキルと責任が求められるため、報酬が高め。

  • 介護求人パーク編集部

    これらの職種は、高度なスキルと責任が求められ、それに見合った収入が得られる特徴があります。

  • 介護求人パーク編集部

    ただし、具体的な年収は経験、地域、施設の規模などによって変動することを考慮してください。

参考:介護士向けの転職サイトのおすすめとは!15社を比較厳選して紹介

参考:介護士におすすめの人気転職エージェント10選を比較!後悔しない選び方も解説

【地域別】介護士の年収比較ランキング

日本における地域別での介護士の年収ランキングは、一般的な傾向を示すものです。

ただし、個々の施設や経験によっても差が出ることを理解しておいてください。

比較ランキング1. 首都圏(東京都・神奈川県など)

年収例

年収例

350万円 - 550万円

理由:人口密度が高く、高齢化率が上昇しているため需要が増えており、報酬も高め。

比較ランキング2. 大阪府・兵庫県

年収例

年収例

350万円 - 550万円

理由:大都市圏に近く、高齢者の比率が高いため、需要がある。

比較ランキング3. 名古屋市・愛知県

年収例

年収例

320万円 - 520万円

理由:人口が多く、高齢化が進行しているため、介護の需要が高い。

比較ランキング4. 北海道・札幌市

年収例

年収例

310万円 - 510万円

理由:高齢者の比率が高く、広い地域に介護施設が広がっている。

比較ランキング5. 九州地方(福岡県など)

年収例

年収例

300万円 - 500万円

理由:地域によって需要の差があるが、高齢化が進む中で求人も増えている。

このランキングは一般的な傾向を示すものであり、具体的な地域や施設によって異なることがあります。また、高齢者の需要や経済的な要因が影響するため、変動する可能性があります。

参考:介護の求人サイトおすすめ人気ランキング【2023】失敗しない選び方や転職までの流れ

介護求人は「ハローワーク」と「転職サイト」で何が違う?求人の質の比較について

ハローワークと転職サイトは、介護職の求人情報を提供するための異なるプラットフォームで、それぞれ異なる特徴があります。以下に、両者の違いと求人の質の比較について詳しく説明します。

参考:ハローワークインターネットサービス - 求人情報 ... - 厚生労働省

ハローワークと転職サイト比較①運営の違い

ハローワークは日本国内で運営される公的な雇用サービスです。政府の労働省が管理し、雇用に関する情報を提供しています。

一方で、転職サイトは民間の企業が運営しています。

ハローワークと転職サイト比較②求人数について

ハローワークには多くの求人情報が掲載されていますが、特定の業界や職種に特化した求人情報は限られていることがあります。介護職に特化した情報はあるものの、他の職種の求人情報も一緒に掲載されています。

また、ハローワークの求人情報は公的な機関が管理しているため、一般的には信頼性が高いとされています。

介護転職サイトは、特定の職種に特化した求人情報を提供しているため、介護職の求人情報が多く、多様性があります。そのため、希望に合った仕事を見つけやすいです。

ハローワークと転職サイト比較③その他

転職サイトは特定の職種や業界に特化した求人情報を提供しています。介護職の求人情報を豊富に取り揃えており、より専門的な求人情報を提供しています。

また、転職サイトは求職者に対して個別のキャリアカウンセリングやサポートを提供することがあります。履歴書の作成支援や面接対策などのサービスが充実しています。

どちらのプラットフォームを選ぶかは、個々のニーズと状況に依存します。

介護転職におけるハローワークと転職サイトの比較ポイント

介護転職におけるハローワークと転職サイトの比較ポイント

ハローワークは無料で信頼性が高い求人情報を提供しますが、特化したサポートや専門的な情報は転職サイトの方が充実しています。介護職の転職を検討する際には、両方のプラットフォームを活用し、自身の目標に合った求人情報を見つけることが重要です。

参考:介護職に転職して後悔したことや辞めてよかったこと

参考: 介護職の転職でよくある後悔とは?後悔しないための方法も解説

介護職は派遣のほうがいい?正社員として比較して稼げるのか?

介護職は派遣の方がいいと言われる主な理由は下記になります。

【介護職が正社員より派遣の方がいいと言われる主な理由】
・残業が少なく、ワークライフバランスを保ちやすい
・直接雇用よりも派遣の方が比較的時給が高い
・人間関係が希薄だから派遣の方が疲れない
・派遣の方が、さまざまな職場を経験できる
・派遣会社のサポートがある

参考:【介護の転職サイト】大手4社を徹底比較!登録前におさえておきたい特徴&選び方

残業が少なく、ワークライフバランスを保ちやすい

派遣介護職は、一般的に直接雇用と比較して夜勤や残業が少ない傾向があります。

介護職は労働時間が長くなりがちで、体力的にも精神的にも負担が大きい仕事であり、ワークライフバランスを保ちにくいことで働きづらさを感じている方も少なくありません。

しかし、派遣の場合は労働時間が厳格に守られ過度な残業が少ないため、ワークライフバランスを維持しやすい点が魅力です。

直接雇用よりも派遣の方が比較的時給が高い

一般的に、派遣介護職の時給はパートやアルバイトよりも高いことが一般的であり、直接雇用の介護職の基本給を時給換算した額よりも高いケースもあります。

特に、夜勤に集中して仕事をすることで高い給与を見込めるため、集中的に収入を得たい介護士の方におすすめです。

人間関係が希薄だから派遣の方が疲れない

介護職は人と人のコミュニケーションがメインであり、しばしば感情的な負担が大きくなりやすい職種です。

患者や同僚との関係にストレスを感じやすい仕事ですが、派遣の場合は派遣契約の期間に限り派遣先施設に派遣されるため、人間関係の希薄さがかえって楽に感じられることもメリットのひとつ。 職場の人間関係に悩むことが多い方には向いている働き方と言えるでしょう。

派遣の方が、さまざまな職場を経験できる

派遣介護職は契約期間が満了したら今の職場での仕事は終了し、希望に応じて新しい派遣先を紹介してもらう流れとなります。

同じ施設で永久的に勤務し続けることができないため、勤務先に、人間関係、仕事内容が変わることを苦とせず新鮮な気持ちで仕事ができる方には向いています。また、将来的なキャリアを見据えて派遣先を選ぶことで経験の幅を広げ、スキルアップが見込める点もメリットです。

派遣会社のサポートがある

派遣介護職は人材派遣会社に登録をし、派遣会社の制度やサービスにもとづき福利厚生を受けたり、シフト調整や休暇の申請、資格支援やスキルアップ、キャリア相談などを幅広くサポートしてもらうことができます。

派遣会社が提供するサポートやサービスは無料です。派遣先での仕事や今後のキャリアに悩んでいる方は積極的にサポートを受けたり、資格取得に励むことで、正社員にはないメリットを感じることができるでしょう。

派遣のおすすめポイント

派遣のおすすめポイント

派遣求人の時給も上がっている傾向にあるため、働く時間などによっては、正社員として比較して稼げる可能性はあります。

ただし、正社員と違って福利厚生などの充実は望めないため注意が必要です。

関連記事:介護職で働くなら派遣の方がいいは本当?派遣で働くメリット・デメリット、自分に合った雇用形態の選択肢を知ろう!

関連記事:介護職向けのおすすめ転職エージェント8選!正社員から派遣・パートまで

介護職の気になる転職事情

介護士転職を視野に入れている方・希望している方は介護士の転職市場や動向についても把握しておく必要があります。 以下の点について順にご紹介するので、転職市場や今後の動向を踏まえたうえで中長期的にキャリアを見据えるようにしましょう。

介護職員数の増加傾向

近年、高齢化社会の進展に伴い、介護職員の需要が急速に増加しています。高齢者人口の増加に伴い、介護サービスの需要が拡大しており、それに伴って介護職の需要も急速に増えています。政府の施策や社会全体の関心の高まりにより、介護の質を向上させるための取り組みや支援も進んでいます。このため、介護職に従事する<人の数も増加しています。

介護業界は売り手市場

介護職の需要増加に比べ、その供給は限られています。つまり、介護業界は「売り手市場」であり、求人に対して適切な人材を確保することが難しい状況です。

慢性的に売り手市場となっている背景としては、「加速する高齢化社会」「介護サービスへの需要の高まりと多様化」「介護業界への参入企業のい増加」が主にあげられます。

加速する高齢化社会

かねてより高齢者の数は年々増加しており、2022年時点では65歳以上の高齢者が日本の人口の29.1%を超える超高齢化社会真っ只中です。

2040年には35%を超える見込みとされており、3人に1人が65歳以上の高齢者となることが日本の近い未来として予想されています。

<推移|65歳以上の割合>
・1950年:4.9%
  :
・1960年:5.7%
  :
・1970年:7.1%
  :
・1980年:9.1%
  :
・1990年:12.1%
  :
・2000年:17.4%
  :
・2010年:23.0%
  :
・2020年:28.6%
・2021年:28.8%
・2022年:29.1%

介護施設や関連業界は優秀な介護職員を確保するために、様々な施策や働きやすい環境づくりに力を入れています。それにより、給与の改善や労働環境の整備、キャリアアップの機会提供など、待遇や福利厚生の向上が進んでいます。

介護関連職種の有効求人倍率

介護関連職種の有効求人倍率の推移から見た介護業界の需要について確認してみましょう。

「有効求人倍率」とは、労働市場における求人と求職者のバランスを示す指標の一つであり、求人数と求職者数の比率を示し、求職者一人当たりの求人の数を示すものです。

厚生労働省|令和4年度版厚生労働白書』のデータによると、 介護関連職種の2021年の有効求人倍率は3.64%です。

<推移|介護関連職種の有効求人倍率>
・2005年:1.38%
 :
・2010年:1.31%
 :
・2015年:2.59%
・2016年:3.02%
・2019年:4.20%
・2020年:3.99%
・2021年:3.64%

2016年より3%を超え、以降は3%半ば〜4%をキープし続けているほどの売り手市場ぶりが見てとれます。

外国人採用の積極化と課題

介護業界における外国人採用は、日本における人手不足や高齢化が進む中で介護業界において未来の労働力補給源として期待されており、日本政府は外国人労働者の受け入れを促進するための政策や外国人採用を支援する制度を整えつつあります。

2017年に日本政府は外国人労働者の受け入れを促進するための取り組みとして、人材確保が困難な介護・建設・農業などの124分野において「特定技能」という新たな在留資格を設立。介護などの分野における外国人労働者の受け入れを積極的に推進し、今後、外国人労働者の介護業界への採用が増加することが見込まれます。

一方で、言語や文化の違い、技術・知識の習得における課題が浮き彫りとなり、外国人労働者へのサポートや教育プログラムの充実が一層求められるということが大きな課題のひとつ。外国人労働者の受け入れ側施設や企業においても、多様な文化や価値観を尊重し、円滑な労働環境を整えることが益々重要となってくるでしょう。

参考:【転職したい方向け】介護職で転職したあとに後悔したこと6選

【Q&A】介護士向け転職サイトに関するよくある質問

介護士向け転職サイトに関するよくある疑問・質問について以下の通りまとめました。

転職サイトの特徴や使い方、注意点などが簡潔にわかるため、ひと通り目を通してみてください。

【Q&A】
・Q)介護士向け転職サイトの利用は無料ですか?
・Q)介護士向け転職サイトに登録すると連絡がしつこいというのは本当ですか?
・Q)転職サイトに関してよく耳にする非公開求人とはなんですか?
・Q)未経験でも介護士向け転職サイトを利用し転職することはできますか?
・Q)転職の意向や時期が決まっていない段階で介護士転職サイトに登録してもよいですか?
・Q)介護士向け転職サイトでは正社員以外の雇用形態の求人も取り扱っていますか?
・Q)地方在住でも介護士転職サイトは利用できますか?
・Q)介護士サイトは複数社利用してもよいですか?
・Q)介護士向け転職サイトは登録しなくても利用できますか?
・Q)無資格・未経験でも介護士転職サイトを活用できますか?
・Q)転職サイトのエージェントサービス利用時に担当者が合わなかった場合はどうすれば?
・Q)ハローワークと転職サイトの違いはなんですか?
・Q)介護士転職におすすめの転職サイトは?
・Q)介護士(正社員)の平均年収はいくらですか?
・Q)介護士転職サイトに登録した後の流れについて教えてください。
・Q)介護士転職サイトの退会方法は?

参考:【最新】おすすめ介護転職エージェント比較ランキング!詳しく紹介

Q)介護士向け転職サイトの利用は無料ですか?

はい。一般的に転職サイトの求職者利用料は無料です。

業界や職種を問わず、転職サイトは求人掲載施設や企業から広告費や紹介手数料などを受け取ることで利益をあげ成り立つビジネスです。 一部のサービスを除き、一貫して求職者の利用料は無料なので、お金の心配なく気軽に利用することができます。

Q)介護士向け転職サイトに登録すると連絡がしつこいというのは本当ですか?

登録した転職サイトによって偏りはありますが、傾向として登録者への電話やメールによる連絡頻度が多いことが事実です。

ほとんどの転職サイトは無料で求職者にサービスを手がけており、営業活動のひとつであると一定の割り切りが求職者側にも必要と言えます。

連絡の負荷を感じたり、電話を受け取れない時間帯ばかりに着信がある場合には、連絡の頻度や都合の良い時間帯を早めに伝えておくことで、ストレスを感じずスムーズに利用できるように整えることが大切です。

自分にとって不要と感じるメールが多数届く場合は、不要なメールについては配信停止設定を行うことで対応しましょ。

参考:電話なしの看護師転職サイト10選!しつこい連絡が来る時の対処法も解説

Q)転職サイトに関してよく耳にする非公開求人とはなんですか?

ネット上や求人情報誌など、一般に公にされていない求人を非公開求人といいます。

非公開求人はあえて非公開にする理由がある訳ありの求人であり、よくあるケースとしては以下の通りです。

【「非公開求人」によくあるケース】
・好条件で応募の殺到が見込まれる求人
・採用を急ぐ求人
・最新の求人
・管理職求人

条件の良い求人や競争率が低めの求人に出会える可能性が高まるため、非公開求人を豊富に取り扱っている転職サイトを利用することがおすすめです。

Q)未経験でも介護士向け転職サイトを利用し転職することはできますか?

はい。可能です。

転職サイトの利用有無を問わず、介護士は未経験・無資格の方でも就職・転職の実現が可能な職種です。

利用する転職サイトによっては、資格取得に向けた講座を開講していたりと、無料でサポートしてくれるサービスもあるため、介護士としてキャリアアップを見据えて活用することをおすすめします。

Q)転職の意向や時期が決まっていない段階で看護師転職サイトに登録してもよいですか?

はい。転職の意向や時期が定まっていない段階でも介護士転職サイトに登録して問題ありません。

転職サイトの利用は自分に合った求人と出会うことだけを目的とせず、転職のトレンド情報や求人の市場調査を目的に利用することも使い方のひとつであり、転職サイトの運営側も登録者の利用目的がさまざまであることは認識しています。

求職者の転職を個別にサポートするエージェントサービスを手がける転職サイトでは、面談が実施されるため、面談時に転職の相談をすることも可能です。

Q)介護士向け転職サイトでは正社員以外の雇用形態の求人も取り扱っていますか?

多くの転職サイトでは正社員(正規雇用)以外に、パート・アルバイト、契約社員、派遣などの非正規雇用の求人を取り扱っています。

転職サイトによって、得意とする求人の特徴があるため、雇用形態にこだわって求人を探す方は、希望する雇用形態の求人が充実している転職サイトを選び利用するようにしましょう。

Q)地方在住でも介護士転職サイトは利用できますか?

はい。地方在住の方でも基本的に介護士転職サイトの利用は可能です。

ただし、勤務地として希望するエリアによってはひとつの転職サイトのみの利用であると求人数やバリエーションに偏りが生じるケースもあります。

登録した転職サイトに希望のエリアの求人取り扱いが少ないと感じた場合は、他の転職サイトへの乗り換えや他社の転職サイトと併用することで対処していきましょう。転職サイト以外にもハローワークやeナースセンターの利用も検討してみてください。

Q)介護士サイトは複数社利用してもよいですか?

はい。複数の転職サイトを利用することは問題ありません。

併用することで以下のメリットがあるため、2〜3社にまずは登録し利用を進めてみることがおすすめです。

【介護士向け転職サイトを複数社併用するメリット】
・求人の選択肢が増える
・転職に役立つ情報源が増える
・非公開求人と出会える確率アップ
・比較対象があることで相性の良い転職サイトや担当者がわかる 

ただし、複数の転職サイトを利用するうえでは下記の点には注意が必要です。

【介護士向け転職サイトを複数社併用する際の注意点】
・スケジュール管理の工夫
・各担当者への情報共有の徹底(エージェント型転職サイトの場合)
・同じ求人に重複して応募しない

Q)介護士向け転職サイトは登録しなくても利用できますか?

直接応募型のサービスについては、サイトに登録せずとも求人を閲覧できますが、登録しないことには応募ができないことが一般的。また、非公開求人については閲覧できないケースもあります。

エージェントサービスを利用する際には、サイトへの登録を済ませなければその先のステップに進めずサポートを受けることができません。 本格的に転職活動を始めたい方はいずれのサービスも早めの登録がおすすめです。

Q)無資格・未経験でも介護士向け転職サイトを活用できますか?

はい。介護士資格未取得、介護職未経験でも介護士向け転職サイトを活用し、転職できる可能性はあります。

介護業界は慢性的な人手不足により無資格・未経験者を含め介護士需要が高く、転職サイトでも資格や経験不問の求人を多数取り扱っているのが現状です。

転職サイトのサービスのひとつとして、資格取得支援をしていたりと各社さまざまな工夫がされています。

Q)転職サイトのエージェントサービス利用時に担当者が合わなかった場合はどうすれば?

窓口に申し出ることで、担当者変更に応じてもらえる可能性があります。

もし、担当者変更に応じてもらえない場合は他の転職サイトに乗り換えましょう。

エージェントサービスで選任される担当者の質にはばらつきがあり、当たり外れがあることは多くの口コミ・評判から散見されているのが事実です。 担当者の質や担当者との相性が利用満足度や転職活動の質を左右するため、我慢せずに次の一手を打つようにしてください。

Q)ハローワークと転職サイトの違いはなんですか?

転職サイトのエージェントサービスとして受けられる個別サポートの有無が大きな違いです。

ただし、ハローワークに足を運ぶことで職員に転職相談をしたり、書類の書き方などサポートを受けることは可能です。

地方求人も豊富で、ハローワークでしか取り扱いのない求人も取り扱っており、転職前のスキルアップとして職業訓練を受けることもできます。

Q)介護士転職におすすめの転職サイトは?

介護士転職におすすめの転職サイトについては当記事「介護士転職・求人サイトおすすめランキング比較16社」を参考にしてみてください。

Q)介護士(正社員)の平均年収はいくらですか?

厚生労働省「令和4年度介護従事者処遇等調査結果」によると、介護士(正社員)の平均年収は約430万円で、月収は約31万円です。
 

年収アップのためには、資格取得と経験を積むことでキャリアアップすること必要不可欠と言えます。

Q)介護士転職サイトに登録した後の流れについて教えてください。

サイトまたは電話による申し出により登録した後の利用手順は下記の通りです。

【介護士転職サイトの利用手順】
・ステップ1:登録後に面談日時の調整
・ステップ2:面談
・ステップ3:求人紹介
・ステップ4:添削・応募・書類選考
・ステップ5:面接対策・面接選考
・ステップ6:内定
・ステップ7:退職/入職後フォロー

求人紹介を受けるタイミングや数は人それぞれです。 面談時に希望条件だけでなく、譲れない条件を明確に伝えることで紹介求人とのミスマッチを防ぐことがポイントです。

Q)介護士転職サイトの退会方法は?

一般的に転職サイトの退会方法は以下の通りです。

【退会方法】
・担当者に申し出る
・問い合わせフォームから申し出る

ただし、利用する転職サイトによって退会方法が異なる可能性もあるので 登録時に確認しておきましょう。

参考: 介護士転職サイトは複数登録すべき?

参考:介護職におすすめの転職エージェント15社比較や転職のコツなど解説
 

介護転職サイトに役立つおすすめの職務経歴書

介護の転職サイトの求人へ提出する職務経歴書の書き方として
役に立つポイントを以下に記載してみました。

ポイント 介護の職務経歴書ポイント

  • 明確でわかりやすいフォーマット
  • 成果や実績の強調
  • 過去の経験の詳細
  • 求められるスキルとのマッチング

などがあります。
介護の転職に役立つポイントとしては、上記以外にも様々ありますが、
介護の職務経歴書を書く際のアドバイスとして
まず大事なのはクリアで整ったフォーマットがおすすめです。
転職情報を端的かつ見やすく配置し、アクションワードを使って自分の転職への
積極的な姿勢を表現しましょう。介護の仕事の成果や実績を具体的に示し、
自分のスキルがどれだけマッチしているかをアピールするのもおすすめです。
最後に、誤字や文法のミスに気をつけ、自分の強みと将来の展望に焦点を当てて
締めくくりましょう。頑張ってください!
 

以下サイトも参考にしてみて下さい。

介護職の職務経歴書の書き方を項目別に解説!未経験者 ...
介護求人ネット
 https://kyujin-kaigo.net › kaigo-syokumukeireki-cts33

 

 

介護転職サイトの退会に役立つおすすめ情報

 

介護転職サイトには一般的に退会手続きを行うための専用フォームが用意されており、
通常は以下の手順に従って申し込むことができます。
ただし、各エージェントによって手続きの流れは異なるため、
以下は一般的な流れの例です。

1、介護転職サイトのマイページにログインする
2、介護転職サイト内の退会フォームにアクセスする
3、必要な情報を入力する(登録情報や退会理由など)

送信して介護転職サイトの退会申請を行う上記の手順に従えば、
簡単に退会手続きができます。介護転職サイトに入会する前に
退会方法に少し違いもあるので比較してみるのもおすすめです。

また、介護転職サイトで担当アドバイザーが分かる場合は、
電話やメールで連絡をとり、現在の状況を伝えつつ退会の旨を伝えると、
スムーズに対応してくれるのでおすすめです。

一部の介護転職サイトには退会フォームが用意されていない場合もあります。
その場合は、自分の担当者が分からない場合でも問い合わせ窓口から退会手続きを
申し出ることをおすすめします。各エージェントの問い合わせ先には、
介護転職サイト上に明示されているはずですので、そちらから連絡してください。

様々な情報を比較して、
介護転職サイトの退会に役立つおすすめ情報として
以下の情報も参考にしてメルのもおすすめです。

転職エージェントの退会方法!押さえておきたい注意点・伝え ...
a-tm.co.jp
 https://www.a-tm.co.jp › top › leave-jobchangesite

 

 

 

 

介護転職サイトの退会前に気をつけること

おすすめの介護転職サイトでももしも退会を検討される場合に
介護転職サイトを退会する前に気をつけるべきことを紹介します。
退会前にご参考にされることをおすすめします。
退会するメリットやデメリットとも比較してみて下さい。

おすすめの介護転職サイトで選考途中での退会は選考プロセスの中断を招く可能性が
ありますので、介護転職サイト経由で応募した求人が選考中の際には注意が必要です。
その状況で介護転職サイトを退会すると、現在進行中の企業の選考が停止され、
書類選考の結果や面接の日程調整などが進められなくなることがあります。

特に、介護転職サイトで選考プロセスの中で待機中の場面であれば、
退会によって選考が中断されるリスクが比較的高まります。
このため、応募した企業の選考状況を確認し、書類選考や面接などが進行中であるかを
把握しておくことがおすすめです。

また、選考途中での退会は企業にとっても手間や負担を引き起こす可能性があります。
求人募集を再開する必要が出たり、
他の候補者を検討する必要が生じたりすることが考えられます。
介護選考途中の求人がある場合には、事前に介護転職サイトや企業に辞退の意向を
伝え、円滑なコミュニケーションを心がけることもおすすめです。


以下サイトも参考になります。

マイナビを退会したい方必見!注意したい個人情報削除と退会 ...
hop-job.com
 https://www.hop-job.com › job-change › post-24960

 

 

介護転職サイトで役立つおすすめの志望動機

 

介護転職サイトで役立つ情報としておすすめの
志望動機の書き方をご紹介します。

介護の転職サイトの採用担当者が注視するポイントは主に職務経歴や志望動機、
そして将来的な期待値です。これらは中途採用プロセスにおいて
非常に重要な要素であり、まさに第一関門となります。

具体的なエピソードと結びつけながら、自身の強みを表現することがおすすめです。
たとえば、「入居者への温かい対応に心掛け、
一人一人に寄り添った介護を実践してきました。特に人員不足の際にも、
忍耐力を発揮し周りをサポートすることで、縁の下での力添えを果たすことができました」
といった実例を挙げながら、具体的な行動や経験を示すことが
介護転職をうまく進めるためには比較的効果があります。

介護転職サイトの採用担当者は、あなたの強みや興味が介護の仕事において
どのように役立つかを具体的にイメージしようとします。
したがって、曖昧で抽象的な表現ではなく、比較的具体的なエピソードや経験を通して、
あなたの思いを明確に記載することがおすすめです。

 

おすすめの介護転職サイトで良い求人に出会ったら
参考にしてみてください。
以下サイトも役立つので比較してみてください。

 

介護業界の志望動機の書き方
トライトワーカー
 https://tryt-worker.jp › ... › 介護コラム

 

 

介護転職サイトで役立つおすすめの面接対策

 

介護転職サイトで役立つおすすめの面接対策をご紹介します。

介護の面接において心得ておくべき基本的なルールはいくつかあります。
その中でも比較的重要なものをご紹介します。
介護転職サイトの求人の現場では、
多くの人と円滑にコミュニケーションをとる必要があるため、
面接では話す際の表情や自分の意思の伝え方、身振り手振りなどが特に重要です。

介護転職サイト求人での面接は、採用担当者との初顔合わせとなります。
印象を良くするためには、明るい表情で積極的に話すことがおすすめです。
相手に自信と誠実さを伝えましょう。

自分の話に夢中になりすぎず、相手にとって
比較的重要なポイントを伝えることが求められます。
冗長な説明よりも、結論から始めて、要点を端的にまとめることで、
相手に理解しやすい印象を残せます。
事前に整理することがおすすめです。

 

介護転職サイトで素敵な求人に出会った際に
比較的取り入れるべき内容をご紹介しました。
ぜひ取り入れることをおすすめします。

以下サイトも参考にしてみて下さい。

介護職の面接対策!よくある質問7選と良い回答例・事前準備 ...
チャーム・ケア・コーポレーション
 https://point.charmcc.jp › マメ知識

 

 

介護転職サイトで役立つおすすめの逆質問

 

おすすめの介護転職サイトで役立つ逆質問のポイントを
以下にご紹介します。

質問を行う際の基本原則として、以下の2点に留意することが重要です。

1. 質問は比較的簡潔に
2. 質問の目的をはっきりさせる

冗長な説明を避け、質問を明確にするのがおすすめです。
介護転職サイトの求人で面接をスムーズにするには
最初に質問を提示し、その後に「なぜその情報が必要なのか」を
迅速に説明することが効果的です。

良い印象を与えるためには、

1. 職務に対する明確な理解を示す
2. 積極的な意欲が非悪的に感じられるようにする
3. 企業や介護業界に対する洞察や理解をアピールする

といった質問をすることもおすすめです。


以下サイトもおすすめの介護転職サイトでの逆質問対策に
以上の内容と比較して参考にしてみて下さい。

【介護職】面接の逆質問で好感度をあげよう!例文つきで ...
We介護
 https://kaigo.ten-navi.com › 転職ガイド

 

 

介護転職サイトでおすすめする休止システム

 

おすすめの介護転職サイトを利用していても
何かがキッカケで退会を検討することもあると思います。

その際に退会と比較検討してもらいたいのが
おすすめの介護転職サイトの「休止」です。

おすすめの介護転職サイトを退会すると、
登録した履歴書や職務経歴書などの情報は削除されます。

そこで再度同じおすすめの介護転職サイトを利用する場合、
新たにアカウントを作成し、情報を入力する必要があります。
同じ介護転職サイトを将来的に利用する可能性がある場合は、完全な退会ではなく
「休止」のオプションを検討することをおすすめします。
これにより、アカウントが閉鎖されずに情報を保持したまま、
再利用の際にスムーズに対応できるので退会と比較すると便利なシステムです。

 

以上よりおすすめの介護転職サイトの退会を検討される場合は
休止と比較し検討されることをおすすめします。

以下サイトもおすすめです。

転職活動終了!転職エージェントを利用していた場合の退会 ...
イーキャリアFA
 https://www.ecareerfa.jp › know-how › guide › agent

 

介護職の経験が活かせる転職先おすすめ

介護職も非常に魅力的で社会的需要も高い素晴らしい職種で
この介護職の経験の価値は非常に高く、他の職種でも多いに役立つ経験になります。

転職サイトには介護職以外にもたくさんの求人がありますが
もしも介護職以外の職種にも興味がある場合どういった職種がおすすめか
介護職の経験が役立つおすすめの職種についてご紹介します。
それぞれ比較検討してみて下さい。

 

営業職

介護業界での経験から人とのコミュニケーションスキルや相手の気持ちを考える力が
身についています。営業職では、様々な人と接して、
自社製品やサービスをプロモーションしていきます。
介護業界で培った人間関係の構築やコミュニケーションスキルを活かすことができます。

福祉用品の販売を行っている企業や介護用品のメーカーなどで、
介護業界の経験を強みとして活かせます。

営業職は年収の向上が期待できるため、介護業界の収入に不満がある方にもおすすめです。
また営業職は転職サイトにも豊富に掲載されています。


介護タクシー

介護タクシーは、要介護1以上の認定を受けている方で、
1人での外出が難しい場合に利用される専用タクシーです。
介護タクシーのドライバーは、介護関連資格を所有し、
通院などの移動時に乗降介助などを行います。

福祉タクシーでは、主に要支援認定の方が利用し、
ドライバーに福祉関連資格の有無は求められないことがあります。

介護の経験があるからこそわかることも多いと思いますので
こちらは非常におすすめになります。



介護職から別の職種に転職する場合に介護の経験が活かせて
転職サイトに載っているおすすめの職種として上記職種をご紹介しました。

他にも勿論たくさんありますので
以下サイトもご覧になって比較検討してみてください。

介護士からのおすすめの転職先は?介護士の経験を活かせる ...
学研ココファン
 https://www.cocofump.co.jp › ... › 介護に関する記事

 

 

 

介護転職サイト以外の転職先の探し方

ポイント介護転職サイト以外の探し方比較

  • ハローワーク
  • 転職エージェント
  • 企業のWebサイトの採用情報を探す
  • 友人・知人・家族などの紹介
  • SNS


介護転職サイトで転職先を見つけることをおすすめしてきましたが
もしもご自身に合わないなと感じた場合におすすめできる
介護転職サイト以外の探し方についていくつかご紹介します。

介護転職サイトと比較して検討してみて下さい。



転職エージェント
転職エージェントへの相談は、個別に担当者が割り当てられ、
一対一でのアドバイスやコンサルティングを提供するサービスです。
自身の職歴をもとに、どの企業に転職すべきかが分からない、
また求人サイトの利用が苦手など、自己での求職活動に不安を感じている方にとって
最適な方法です。

転職エージェントを活用することで、経験豊富な専門家が的確なアドバイスを提供し、
求職者の不安や疑問に個別に対応してくれます。
これにより、自分の強みやキャリアの方向性を明確にし、
適切な企業への転職をサポートしてもらうことができます。


友人・知人・家族などの紹介
友人、知人、家族など身近な人による転職先の紹介も、有益な探し方の一つです。
これは、自分をよく理解している人が紹介するため、
求職者と企業のミスマッチが少ない可能性があります。

特に、「うちの会社に一緒に働かないか?」といった具体的な誘いがある場合は、
知人のいない企業に転職するよりも心強く、安心感があります。


以上のように介護転職サイトでのおすすめの探し方についてご紹介しました。
ぜひ比較検討しご自身に合った方法を取り入れてみて下さい。


以下サイトも参考になります。
転職先の探し方6選!転職に向けてするべきことやホワイト企業 ...
バイトル
 https://www.baitoru.com › ... › 検討・準備 › 方向性

 

 

介護転職サイトと介護転職エージェントの違い


これまで介護転職サイトの魅力や利用するメリットについて紹介し
おすすめしてきましたが
今回は「介護転職エージェント」についてもご紹介します・

 

介護転職エージェントとの違い

介護転職サイトと介護転職エージェントは、
「呼び方が異なるだけではなく、サービス内容にも大きな違いがあります。」

比較内容
介護転職エージェントは、個別のアドバイザーが専属でつき、
希望やキャリアに合った企業を提案してくれるサービスです。
面接の手続きなども手厚くサポートしてくれるため、
忙しい方にとっては頼りになり非常におすすめになります。

一方で、介護転職サイトは自分で情報を調査し、
サイト上の検索機能を活用して良さそうな企業を見つけることが最初のステップです。
企業に応募し、面接を受ける段取りも自分で行う必要があります。

ご自分で介護転職先を決めたいという方にはこちらの方がおすすめです。

簡単に言えば、転職エージェントは専属アドバイザーに大部分を任せつつ
仕事を紹介してもらう形態であり、
一方で転職サイトは自ら積極的に仕事探しを行い、手続きを進める形態となります。


以上より各々の魅力やおすすめポイントをご紹介しましたが
ご自身の希望に合わせて比較検討してみて下さい。

以下サイトも比較の参考になるのでおすすめです。

転職エージェントと転職サイトとの違い
エンエージェント
 https://enagent.com › first-time › different

 

 

・介護士に多い転職の理由

 

これまではおすすめの介護転職サイトを比較しご紹介してきましたが
今回はおすすめの介護転職サイトで魅力的な求人に出会い
介護転職できたものの
その後に介護士が転職を考えてしまう理由についてご紹介します。


結論から申し上げると介護士の転職を考える理由で比較的多いのが
人間関係に纏わるものでした。

介護施設は、24時間365日、利用者の方に寄り添いながら
介護サービスを提供しています。

仕事はチームで協力して行うため、他の職場よりも
人間関係がより深く結びつく傾向があります。
このため、人間関係が悪化すると仕事に悪影響を与える可能性があります。

介護職員や利用者の方は多様な背景を持っており、意見や価値観の相違、
対立が生じやすい環境です。
また、人手不足の中で業務量が増加し、
適切なマネジメントが不足していることも、トラブルの原因となり得ます。

コミュニケーションの不足や職場内のサポート体制が整っていない場合、
人間関係に起因するストレスは深刻化し、
仕事へのモチベーションややりがいにも影響を及ぼす可能性があります。

 

以上のことをきっかけに介護職からの転職を考える方もいらっしゃるようです。

介護職からの転職を考える理由について以下サイトもおすすめです。

介護士の退職理由は?よくある理由や円満退職のポイントを ...
コメディカルドットコム
 https://www.co-medical.com › knowledge › article247

 

 

 

・おすすめの介護転職サイトを退会する前にやるべきこと

 

ここではおすすめの介護転職サイトを退会する前にやるべきこと
をご紹介します。
退職する際の注意点と比較し参考にしてみて下さい。

 

応募企業とのコミュニケーションを完結させる

おすすめの介護転職サイトを退会すると、これまで応募した企業との対話が制限されます。

もうどうせ受からないだろう…
と思っていても、企業からの連絡で内定を獲得する可能性はないわけではありません。

退会前に、応募した企業がないか、また選考途中の企業があるかを確認し、
全ての企業とのコミュニケーションを完了させましょう。

また、コミュニケーションの履歴も閲覧できなくなるため、
必要に応じて企業とのメッセージをデータとして残すことが重要です。

特に内定を得た企業とのメッセージの中で、入社時の資料や持ち物、
提出書類に関する詳細情報が含まれている場合は、
それをしっかりメモして保存しておくことをお忘れなく。

 

おすすめの介護転職サイトを退会することは比較的簡単なので
上記のようなことをついつい忘れがちになりますが
実際に退会される前に以下サイトも是非参考に意識してみて下さい。

転職サイトはすぐに退会して大丈夫?転職サイトを退会する ...
転職サイト.xyz
 https://転職サイト.xyz › tenshokusite-withdrawal-demrit

 

 

・おすすめの介護転職サイトで使える退職理由

 

先ほど介護士さんに多い退職理由などをご紹介しましたが
退職理由は一般的に比較的にネガティブなものが多いですが
ポジティブに伝えることをおすすめします。

以下では
おすすめの介護転職サイトで使える退職理由の伝え方をご紹介します。


待遇や職場環境に対する不満は、
仕事に抱く期待や理想の看護について述べる良い機会です。
また、「~ができないから」の否定的な表現ではなく、
「~がしたいから」といった積極的な表現に切り替えることで、
比較的印象をより良くすることができます。


人間関係に関しては、
「チームケアの重要性を理解しており、協力しながら患者様に
最良のケアを提供したいと考えています。」など、
ポジティブな視点を強調する表現に変えることができます。

過去の人間関係のトラブルに焦点を当てるのではなく、
協力やチームワークの重要性に焦点を当てることをおすすめします。

 

以上より、おすすめの介護転職サイトで使える退職理由の伝え方の
ポイントをご紹介しました。

ご自身の退職理由とも比較しながら練ってみて下さい。
以下サイトもおすすめです。
 

【例文あり】介護士の転職理由|面接で好印象なポジティブ ...
コメディカルドットコム
 https://www.co-medical.com › knowledge › article178

 

 

 

介護士の平均年収

  • 介護求人パーク編集部

    これまでおすすめの介護転職サイトをご紹介して
    きましたが、実際に介護職に転職した際の平均年収
    についてご紹介します。

 

介護職の平均月収は約25.6万円で、平均ボーナスは約52.9万円です。
これにより、年収は約362.9万円になります。

介護職の給与水準は、全産業の平均年収と比較して高いとは言えませんが、
国は介護現場の従事者を増やすため、処遇の改善に努めています。
年々、給与相場にも改善が見られています。

まだ十分な成果が表れていないものの、
今後の国の政策の方針によって状況が大きく変わる可能性があります。

介護職の平均手取り額
(所得税や住民税、社会保険料、労働保険料を差し引いた後の金額)は
おおよそ18万円から20万円程度であり、手取りの金額は月給の7割から8割程度です。



以上の内容を参考に
介護転職サイトの求人を比較されることをおすすめします。

以下サイトも介護転職の際の比較に参考になるのでおすすめです。

介護職の年収は?年齢・地域別の平均年収と年収の上げ方を ...
コメディカルドットコム
 https://www.co-medical.com › knowledge › article75

 

 

 

介護転職エージェントが無料な理由

 

  • 介護求人パーク編集部

    これまでおすすめの介護転職サイトやエージェントについてご紹介してきましたが、今回はなぜ無料で利用できるかの仕組みについてご紹介します!

 

おすすめの介護転職サイトを利用している方で
なぜ無料なのか気になったことがある方は比較的多いのではないでしょうか。
​​​​​​
おすすめの介護転職エージェントが無料でサービスを提供できる背景には、
その事業モデルが比較的「企業からの成功報酬」に基づいていることがあります。

一般的に、転職エージェントは「成功報酬型」と呼ばれる
ビジネスモデルを採用しています。
これは、企業と求職者がエージェントを介して雇用契約を結んだ場合にのみ、
企業からエージェントに報酬が支払われる仕組みです。

エージェントは、求人を持つ企業に対して「求める人物像」をヒアリングし、
求人票を作成します。

同時に、求職者とも面談を行い、経験・スキルや希望条件を確認し、
適切な求人を紹介します。

また、面接のセッティングや雇用条件、入社日の確認など、
一連の採用活動をサポートします。

成功報酬は、エージェントが紹介した求職者が企業に入社した際に発生し、
これがエージェントの収益源となります。

 

おすすめの介護転職サイトやエージェントが無料で利用できるのは
上記でご説明した仕組みによるものでした。

以下サイトも参考になるのでおすすめです。
転職エージェントの仕組み・無料の理由
リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com › service › shikumi

 

 

介護士と介護福祉士の比較


おすすめの介護転職サイトを見ていると
「介護福祉士」という文字を見かけたことがあるかと思います。

ここでは介護士と介護福祉士の違いについてご紹介させて頂きます。
どう違うのか以下内容で日かうしてみて下さい。

まず「介護士」とは、介護業務に従事する人々を総称する用語であり、
その中で国家資格を有する者を指すのが「介護福祉士」です。

介護福祉士は、国家試験に合格した資格保持者であり、
この資格を取得することで、
介護業務において幅広い領域で活躍することが可能となります。

未経験から介護士としてのキャリアを築く方にとっては、
「介護職員初任者研修」の資格取得が入門的なステップとなります。

この研修を経て、介護の基本的なスキルや知識を身につけ、
介護士としての一歩を踏み出すことができます。

介護職の需要は今後も拡大すると予測されており、
初めて介護の道に進む方にとっては、
スタート地点として介護職員初任者研修の取得がおすすめです。

そして、将来的には国家資格の介護福祉士を目指すことで、
より深いスキルや専門知識を身につけ、幅広い分野で活躍する道が開かれます。


以上より両者の違いがお分かりいただけたかと思います。

おすすめの介護転職サイトで介護福祉士の求人内容の違いなどを比較し
ご興味があれば資格の取得を検討されることをおすすめします。

以下サイトもおすすめです。

介護士と介護福祉士の違いってなに?資格の有無によるお仕事 ...
e-nichii.net
 https://www.e-nichii.net › kaigosyoninsya › column

 

 

介護転職先で早く馴染む方法

おすすめの介護転職サイトで素敵な求人に出会い入社後に
比較的早く職場に馴染むポイントを以下にご紹介します。



やる気をアピールしましょう!

学習意欲や積極的な姿勢をアピールするには、メモの取り方や先輩から学ぶこと以外にも、
主体的に学ぼうとする態度や実践への意欲が大切です。
分からないことがあれば率直に質問し、
教えられた知識を積極的に実践してみることもおすすめです。

他者に質問する際は、相手の都合や繁忙期を考慮し、
適切なタイミングでコミュニケーションをとることが肝要です。

同じ内容を繰り返し尋ねずに、真摯に向き合い、
自分なりに解決策を模索する姿勢が比較的良い印象を与えます。

ただ単にやる気をアピールするだけでなく、
計画的かつ協力的な態度を持つことが重要です。

また、
明るく元気な挨拶はコミュニケーションの一環となり、
相手との良好な関係を築く助けになります。

挨拶の際は笑顔と気配りを心がけ、周囲との円滑な関係構築に努めましょう。
職場への順応が進めば、仕事においてもより効果的に協力できるでしょう。

 

以上より、
おすすめの介護転職サイトで素敵な求人に出会い入社後
転職先で上記のような内容を意識し取り入れることをおすすめします。

また、以下サイトも参考になるのでおすすめです。
新しい職場で早く馴染む方法!不安解消のポイントを解説
tonton-job.com
 https://tonton-job.com › column

 

 

 

介護職が辛いと感じる理由

  • 介護求人パーク編集部

    これまでおすすめの介護転職サイトのご紹介や比較を
    行ってきましたが、ここでは介護職が辛いと感じる
    一般的な理由をご紹介します。

 

これからおすすめの介護転職サイトで介護転職を行う際に
以下内容を参考に他の職業との比較なども行ってみてください。

介護施設は24時間・365日営業のため、人間関係も密接であり、
そのためトラブルが頻発すると言われています。

公益財団法人介護労働安定センターが行った調査によれば、
「介護職を辞めた理由」の中で、
職場の人間関係」が最も多い理由として挙げられています。

人間関係のトラブルにはさまざまな種類があり、
「特定のスタッフと同じシフトになりたくない」
「苦手な利用者がいる」などが含まれます。

まず最初に、自分で問題を解決しようとする姿勢が重要であり、
職場の同僚や理解者に相談することがポイントです。

 

職場の人間関係が原因なものが多いとのことでしたが
介護職に限らず他の職業でもよくある内容かと思います。

上記内容と下記サイトを参考におすすめの介護転職サイトで
様々な求人を比較し検討してみてください。

介護職を辞めたい・辛いと感じる9つの理由|辛さへの対処法も ...
株式会社マイナビ
https://kaigoshoku.mynavi.jp › support › column › q...

 

 

おすすめの介護転職サイトの連絡がしつこい理由


これまでおすすめの介護転職サイトの比較や魅力について
ご紹介してきましたが

これまでおすすめの介護転職サイトを利用している中で
転職サイトからの連絡がしつこいと感じたことがある人は
比較的多いのでは無いでしょうか。


今回は、おすすめの介護士転職サイトからの連絡が
しつこい理由についてご紹介します。

おすすめの求人情報のご案内

理想の求人が見つかった場合、比較的担当者からの電話が増えることがあります。

担当者は熱心に応対し、応募が採用につながる可能性も高まります。
彼らの情熱と熱意は理解できますが、度が過ぎれば逆に迷惑に感じられることがあります。

このケースは稀ですが、通常は好条件な求人であることが多いです。
ですので、機会を逃さずに企業の情報を把握することが重要です。
情報収集を怠らず、最適な選択をするためにも、
適度なコミュニケーションを心掛けることをおすすめします。

おすすめの介護士転職サイトからの連絡がしつこいと感じた場合
以下サイトも参考になるのでおすすめです。
電話のしつこい転職サイト・エージェントの対処法!連絡を無視 ...
東晶貿易株式会社

https://www.tosho-trading.co.jp › ホーム › 転職対策

 

 

おすすめの看護転職サイトの連絡がしつこい場合の対処法

 

これまでおすすめの介護転職サイトのご紹介や比較について
ご紹介させて頂きましたが
今回はおすすめの介護転職サイトからの連絡がしつこい場合の
対処法についてご紹介させて頂きます。



電話での連絡頻度を減らしてもらうようにお願いするのは、
転職エージェントが過度に連絡してくる場合に効果的な対策です。

直接連絡を控えることは一歩踏み込んだ行動ですが、
「転職活動が落ち着いて進められるためには連絡頻度を減らしてほしい」
「現在の職場が忙しく電話に出られない状況なので頻度を抑えていただけると助かる」
といった理由を伝えれば、理解してくれるキャリアアドバイザーもいます。

もし直接伝えることが難しい場合は、
転職エージェントの公式サイトに設置されているお問い合わせフォームを利用して
連絡するのも一つの手段です。

おすすめの介護転職サイトからの連絡がしつこい場合に
以下サイトも参考にしてみてください。

転職エージェントがしつこいときの対処法とおすすめ ...
株式会社アシロ

https://asiro.co.jp › ... › 転職エージェントとは

 

 

介護職と似たおすすめの職業

 

これまでおすすめの介護転職サイトのご紹介や比較を行ってきましたが
ここでは介護職の経験が活かせるおすすめの職業についてご紹介させて頂きます。


保育士・保育士補助

保育士や保育補助といった職業は、人々のお世話をするという点で、
介護業界と共通する要素があります。

保育士や保育補助の役割は、子供たちの成長や発達を支援し、
安全で快適な環境を提供することです。
介護業界と同じく、これらの仕事を通じて人々の生活や福祉に貢献するやりがいを
感じることができます。

保育士には特定の資格が必要ですが、介護福祉士の資格を有している場合、
比較的容易に保育士の資格を取得できるメリットが比較的たくさんあります。

一方、保育補助の仕事は範囲が限られる場合がありますが、
資格がなくても仕事に就くことができます。

保育士の資格を取得することで、助産施設、乳児院、
児童養護施設などでの勤務が可能になり、転職の機会が広がりおすすめです。


以上よりおすすめの介護士転職サイトを利用している方に
比較的おすすめの介護職以外の職業についてご紹介しました。

ぜひ以下サイトも参考にしてみてください。
 

未経験から介護職への転職!年齢や経験に関係なく挑戦 ...
キャリアスマイル
https://careersmile.jp › ... › 介護転職のヒント

 

介護転職にありがちな失敗事例

これまでおすすめの介護転職サイトのご紹介や比較を行ってきましたが
ここでは介護士さんに多いありがちな失敗例についてご紹介します。

介護士の仕事は、利用者の身体に直接アプローチする「身体介護」と
身体に触れずに日常生活のサポートを提供する「生活援助」が中心です。

多くの場合、介護士は立ち仕事が主であり、利用者の身体をサポートしたり、
目線に合わせて身をかがめることが求められます。
これにより、足腰や膝に負担がかかることもあります。

異なる職種から介護士へ転職する場合、予想以上に身体への負担が大きいと感じる方も
比較的多いようです。

いかがでしたでしょうか。

おすすめの介護転職サイトを利用している方も
ぜひ参考にし以下サイトの内容も比較してみてください。

介護転職でよくある失敗は?後悔しないための注意点を解説
my-best.com

https://my-best.com › サービス › 転職サイト・エージェント

 

 

介護求人パークでは、求人情報をいろんな条件で絞り込みできます!

平日勤務・無資格OK・オープニング募集などの“こだわり条件”や、時給1200円以上・月給25万円以上など“希望給与”でも検索OK。
もちろん、デイサービス・特別養護老人ホームなどの“施設形態”や、社員・パート・派遣など“雇用形態”、介護職・ケアマネージャーなどの“職種”でも探せます!