働くならこういう介護施設 特集
『埼玉県多様な働き方実施企業のゴールド認定を受けた優良法人』篇

働くならこういう介護施設 特集 『埼玉県多様な働き方実施企業のゴールド認定を受けた優良法人』篇

1973年に社会福祉法人として発足した若狭会。以来、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、居宅介護支援事業所などの高齢者施設をはじめ、保育園(2カ所)の運営も行っています。特別養護老人ホーム「亀令園」は、埼玉県所沢市で最も歴史のある特養で、2012年には埼玉県知事から表彰も受けました。2019年4月には、所沢市に新たな介護老人福祉施設「すみれ野」のオープンを控えています。
利用者だけでなくスタッフの働きやすさにも力を入れている若狭会。優々保育園・優々の森保育園・特別養護老人ホーム 亀令園・介護老人福祉施設 平安の森は、2018年8月に「埼玉県多様な働き方実施企業」のゴールド認定を受けました。地域に根差した施設展開を行っている若狭会の働きやすい環境や新規施設の魅力について取材しました。

■お勧めできる3つのポイント

@若狭会の歴史〜理事長の想い〜

A最新設備の充実により、働きやすく快適な職場環境を実現

B働きやすさ認定企業

Point 1若狭会の歴史〜理事長の想い〜

法人設立から40年以上にわたり、高齢者施設や保育施設を運営してきた若狭会。まず最初に若狭会理事長の澤田イヨ子氏に、若狭会のこれまでの歴史と理事長としての思いをお聞きしました。

若狭会が誕生したのは1973年。今は特養やデイサービス、居宅介護支援事業所など、介護事業に幅広く取り組んでいますが、法人発足当時、運営していたのは保育所だったと澤田理事長は言います。
「働きたいが子供を預ける場所がない、という親の切実な声を受けて保育所を開設しました。この保育園は、所沢市の社会福祉法人が建てた中で最も古い保育園として、現在も経営を続けています」

“困っている状況を見過ごすことはできない”という性格の澤田理事長が、保育の次に着目したのは、介護でした。老人ホームを見学する機会があり、1つの部屋に8人ほどの高齢者が入居している様子を見た澤田理事長は、その狭いスペースの中で過ごす高齢者の姿に衝撃を受けたと語ります。
「その光景が心に残り、何とかしなければと。未知の世界でしたが、早速、土地を借りて介護事業への第一歩を踏み出しました」

こうして、特別養護老人ホーム「亀令園」がオープン。1978年に開設した同施設は、所沢市で最も古い特養です。社会福祉施設の機能が十分発揮されていることと、社会福祉のために格段の努力をしていること、その功績が特に顕著で、他の模範であると認められたことから、2012年には埼玉県知事から表彰されました。

Point 2最新設備の充実により、働きやすく快適な職場環境を実現

2019年4月オープンの「すみれ野」では、最新のケアコールシステム「ココヘルパVcam」が導入されます。一般的なナースコールシステムは会話を交わすだけの機能でしたが、「ココヘルパVcam」は映像を見ながら利用者と会話をすることが可能。利用者のもとに駆けつける前に、映像で状況が判断できるので、スピーディで適確な対応ができるようになっています。

さらにiPad利用のケアカルテも導入。利用者の状態の記録やケアプランの作成・管理、スタッフ間での情報共有もやりやすくなるため、業務が効率化できるそうです。

また、施設内も効率化を意識したつくりになっており、エレベーターや階段も作業動線を考えた場所に設置されています。スタッフルームからは2ユニットを同時に確認することができるので、夜勤勤務の時でも目が行き届きやすいのも魅力。休憩スペースは男女別に設け、ミニキッチンも設置するなど、勤務中だけでなく休憩中も快適に過ごせるような配慮がされています。

利用者一人ひとりに対応したケアのために、お風呂は、大浴場、個浴、ストレッチャー浴と、バリエーション豊かな3種類。個浴は、各ユニットに1つずつ設置されるので、利用者の生活スタイルに合わせて入浴が可能となっています。

Point 3働きやすさ認定企業

利用者に寄り添ったケアを行っている若狭会。心のこもったケアのためには、スタッフの気持ちのゆとりも大切です。「人は財産」と澤田理事長が語るように、スタッフ一人ひとりが、いきいきと働ける環境づくりに力を入れています。

年間休日105日に加え、誕生日休暇なども導入。子育て中や介護中の人でも多様な働き方ができるよう、育児介護休業法で定める「短時間勤務制度」や、始業・終業時刻の繰上げ・繰下げも採用しています。男性も子育てや介護に参加できるよう、時間単位の有給休暇も整備されています。
制度の導入だけにとどまらず、実際に利用するスタッフも多く、しっかりと制度が定着しています。

このような取り組みが評価され、若狭会は埼玉県から多様な働き方認定企業(ゴールド認定)を受けました。
「多様な働き方認定企業」とは、男女ともにいきいきと働ける職場環境づくりを進めるため、埼玉県内で短時間勤務やフレックスタイムなど、多様な働き方を実践している企業・事業所などを認定するもの。自治体認定なので信頼性もあり、安心して働けそうです。

さらに、新施設「すみれ野」では、3交代制(7:00〜16:00、8:00〜17:00、13:00〜22:00、22:00〜翌7:00)を採用予定です。夕方早くに退社できたり、午前中がフリーになるようなシフト制なので、育児中の人や仕事をしながら資格取得を目指す人にも、働きやすい環境といえます。

■職員インタビュー

河合祐志(入職3年目)

仕事をしながら資格取得を目指す仲間も。自分次第でステップアップできる環境です

以前は若狭会が運営する別の老人ホーム「亀鶴園」で、生活相談員として働いていました。介護福祉士の資格は持っていたものの、現場での経験が少なかったため、実務経験を積める「亀令園」に異動。現在は社会福祉士として、入居者様の食事の介助やおむつ交換、生活介助などを行うかたわら、管理職として後輩スタッフの指導や管理も行っています。

介護の仕事はきつく大変というイメージがありますが、その分、やりがいも大きいですね。毎日、入居者様と接するうちに、家族のようなつながりを感じるようになります。
一人ひとりに合ったケアや接し方を心がけていますが、それが通じて入居者様が笑顔になったときなど、とてもやりがいを感じます。
喜んでもらったり、感謝の言葉をいただくことも多くあり、後輩スタッフにもそのような“介護の楽しさ”を伝えていきたいと思います。

未経験の方は介護職にチャレンジすることに対し、不安になるかもしれませんが、若狭会では研修制度が充実していますし、配属先でも先輩職員がしっかりサポートしますので安心して欲しいですね。日々仕事を行う中で、自分の体に合った介助のやり方なども身についてくるので大丈夫です。
若狭会には、働きながら資格取得を目指す人も多く、自分次第でステップアップすることもできる環境も魅力だと思います。私たちと一緒に頑張っていきましょう。

横田和夏子(入職4年目)

産休に入る私に「待っているよ」と温かい声。子育てと仕事を両立できる環境です

亀鶴園の生活相談員として働き始め、4年が経ちます。現在は、ご利用者様の生活やお金、健康面での相談にのるほか、病院の受診手続き、買い物代行、ご家族様との連絡などを行い、幅広くご利用者様をサポートしています。

日々仕事をする中で大切にしているのは、「信頼していただくこと」。ご利用者様の目を見てゆっくりと話し、ていねいな言葉を使うことや、しっかりと相手の話を聞くことを心がけています。
若狭会に入職するまで、高齢者と接することが少なかったので、日々勉強になることばかりです。大変なこともありますが、ご利用者様から「あなたの言うことならやってみる」と信頼の言葉をいただいたり、「ありがとう」という感謝の言葉を伝えられたときは、この仕事をやってよかったとやりがいを感じますね。

育児と資格を生かした仕事の両立を目指したいと思っている私にとって、若狭会の環境はとても心強いです。
2年前には2人目を出産し、1年間の産休をいただきました。産休に入るときは、同僚のスタッフだけでなくご利用者様からも「待っているよ」という温かい言葉をいただき、安心して復職できる環境だと実感しましたね。
妊娠・出産しても働き続けたいと思っている人や子育て中の人、何らかの事情で勤務できる時間が限られている人なども、若狭会ならやりがいを感じつつ、長く働けると思います。

■募集施設一覧

応募まで意志が固まっていなくても少しでも興味をもたれた方は、是非、お気軽に施設見学会にお申込みください。また、求人一覧はこちらをクリックすると求人の詳細を閲覧することができます。

  • 亀令園
    ・特別養護老人ホーム
    ・ショートステイ(空床型)
    ・デイサービス
    ・居宅介護支援事業所
    〒359-1106 埼玉県所沢市東狭山ケ丘4-2695-1
  • 所沢市立新所沢けやき通り老人デイサービスセンター
    ・デイサービス(指定管理)
    〒359-1111 埼玉県所沢市緑町4-28-35-1
  • 平安の森
    ・地域密着型介護老人福祉施設
    ・ショートステイ
    ・居宅介護支援事業所
    〒359-1106 埼玉県所沢市東狭山ヶ丘4-2678-1
  • 亀鶴園
    ・養護老人ホーム(指定管理)
    ・デイサービス(指定管理)
    〒359-1106 埼玉県所沢市松郷267-1
  • 小手指第二地域包括支援センター
    ・地域包括支援センター(市委託)
    〒359-1141 埼玉県所沢市小手指町2-12-7-1F
  • すみれ野(2019年4月オープン)
    ・特別養護老人ホーム
    ・ショートステイ
    〒359-1106 埼玉県所沢市東狭山ヶ丘4丁目2658番1
    求人一覧はこちら

■募集職種一覧

  • ・介護職(正社員・パート)
  • ・看護職(正社員・パート)
  • ・機能訓練士
  • ・栄養士
  • ・調理
  • ・計画作成(ケアマネ)
  • ・生活相談員

■企業情報

会社名 社会福祉法人若狭会
設立 昭和48年(1973年)3月
代表者 理事長 澤田イヨ子
所在地 埼玉県所沢市東狭山ヶ丘4-2695-1
事業内容 ■特別養護老人ホーム
■ショートステイ
■デイサービス
■居宅介護支援事業所
■地域密着型介護老人福祉施設
■養護老人ホーム
■地域包括支援センター
■保育園
基本理念/行動指針 【基本理念】
私たちは地域でもっとも愛され
信頼される施設を目指します
【行動指針】
私たちは 利用者の気持ちを大切にします
私たちは 利用者に対して礼儀正しく笑顔で接します
私たちは 利用者が日々楽しく快適に過ごせるよう勤めます
私たちは 利用者が安心できる生活の実現に努力します
私たちは 利用者の「しあわせ」を願い一丸となって努力します
従業員数 200名(全体)
編集後記
所沢市で最も歴史のある特別養護老人ホームを運営するなど、所沢の介護施設の草分け的存在ともいえる若狭会。保育所からスタートしたというだけあり、育児に奮闘する親を支援する環境が整っていると感じました。

澤田理事長が「人は財産」と語るように、人材育成に力を入れていることや、介護や育児などで働く時間が限られている人でも、キャリアアップできる環境が用意されているのが印象的です。
スタッフのインタビューからも、「働きやすいこと」「育児と仕事の両立がしやすい」といった声を聞くことができました。掛け声だけにとどまらず、しっかりと組織の中に定着していることがわかります。

また、歴史ある法人ですが、利用者が快適に過ごせるよう、またスタッフが働きやすいよう、「ココヘルパVcam」といった先進的なシステムも積極的に採用。関わる人を想う新しい取り組みをお話を聞いていく中で感じました。

取材中は、アットホームな雰囲気の中、スタッフがいきいきと働いている様子を見ることができました。介護の仕事が初めての人、子育てしながら仕事をしたい人も、安心して働ける職場であると思います。
(取材:山田)
PAGE TOP PAGE TOP