働くならこういう介護施設 特集
『利用者のために自身を高める施設』篇

働くならこういう介護施設 特集『利用者のために自身を高める施設』篇

生活協同組合(生協)を耳にしたことはありますか?医療生協とは医療・介護を行う生協です。今回は、全国115箇所ある医療生協の中でも最大規模を誇り、埼玉県内に4病院、2老人保健施設、16訪問系事業所を持つ「医療生協さいたま生活協同組合」へ訪れました。
生協ならではの”健康で笑顔のあるまちをつくる”ためにどのような地域に根付いた運営をしているのか、笑顔あふれる「老人保健施設みぬま」の秘密に迫ります!

■お勧めできる3つのポイント

@「健康で笑顔のあるまちをつくる」歴史・地域との連携

A理想のケアの実現するためのフォロー体制

B利用者の笑顔が多い施設

Point 1「健康で笑顔のあるまちをつくる」歴史・地域との連携

医療生協さいたま生活協同組合のはじまりは小さい診療所でした。戦後、貧しい方でもきちんとした治療を受けられるようにと市民の声から生まれました。その後、診療所が病院となり合併を経た今でもその考えは変わりません。

その街のだれもが大切にされるように———

県内のどの地域に福祉のサービスが行き届いていないのか、困っている方が多い地域はどこなのかを調査し、行政へ働きかけると共に地域全体が豊かで笑顔があふれる生活が送れるよう、医療・介護の面から地域を支援しています。

福祉に理解あるまちのために———

私たちは地域の学生と積極的に交流活動も行っています。具体的には、毎年、職員と学生でフィールドワークやウォークラリーを実施しています。ウォークラリーの一環として施設見学を行ない、これからの社会を担っていく地域の学生の皆さんも福祉に興味関心を持っていただけるよう取り組んでいます。

また、市民の皆さん向けに在宅介護のセミナーを開催し、在宅介護に対する不安を解消するような取り組みも実施しています。
誰もが安心して暮らせるまちを。医療生協さいたま生活協同組合の想いは変わりません。

Point 2理想のケアの実現するためのフォロー体制

理想のケアを提供するには、理想へ向かって成長できる環境が大切だと考えます。そこで当法人では「研修」「キャリアパス」「福利厚生」のあらゆる観点から働く仲間を支援しています。

◆研修体制

ご利用者のみなさまがよりよいケアを受けられるよう全職員対象の年2回の研修に合わせて、職員の個々のスキルや能力別に年4回研修を実施しております。
「スキルアップ」を目指す方にはもってこいの環境です。

<全体研修年2回>

  • 医療生協さいたまの歴史・理念
  • 倫理と権利擁護
  • 認知症ケアの考え方とアセスメントについて
  • 接遇とコミュニケーション技術
  • リスクマネジメントの考え方と感染対策について など

<個別研修>

  • 正社員研修(新入職員研修・3年目職員研修・既卒者研修・プリセプター研修・新任職責者研修・通信教育等)
  • 訪問介護事業全職員対象
  • 通所系事業全職員対象
  • 各事業所ごとに企画開催(個人情報保護・ISO・社会情勢学習など)
  • 法人規模企画の学習会(教育推進委員会大学習会・介護活動交流集会・学術運動交流集会など)

◆キャリアパス

あなたのやりたいをかなえます!
「施設介護だけではなく、急性期病院での介護にも携わることで介護士としてのスキルを蓄えたい」「ケアマネジャー、介護系管理者になり経営を学びたい」など、希望に合わせてキャリアチェンジが可能。実際に異動した職員もたくさんいます。あなたのキャリアを支援します。

◆働きやすい環境

独身寮や院内保育所(埼玉協同病院・老人保健施設みぬま・老人保健施設さんとめのみ)を整備していることにより職員の”働きたい”をサポートしています。また、職員の有給消化を奨励していることはもちろん、パート職員であっても、有給が保障されています。

Point 3利用者の笑顔が多い施設

私たちの施設が、常に利用者の笑顔で溢れる理由は・・・それは、どんなサービスを提供したいかを職員たちで常に考え続けているからです。笑顔があふれる施設は、提供しているサービスへの満足度が高いということを意味しています。満足度を高めるための取り組みとして始めたことが、

『やりたいことを書いて貼る!』

です。半年に一度、私たち職員は全員でポストイットにやりたいサービスを書いて話し合い、そして全員の声を休憩所に貼りだしています。
そうすることで具体的に「こういうサービスがしたい」と自分たちで考え、動けるようなりました。

例えば、女性の利用者さんから「いくつになっても爪は綺麗でいたいわ」という何気ない一言から希望者を募って『マニキュアDay』を開催。久しぶりのネイルに喜ぶ姿に、この企画をやって良かったなと職員も笑顔になりました。

今では経験年数や役職に関わらず、職員一人一人がサービスをつくる気概を持って働いています。職員同士でも「○○さんが、こんなことやりたいって言ってるけれど、どうやったらできるようになるかな。」といった会話が日常的に飛び交い、より良い施設づくりへ全員が主体的に取り組んでいます。

インタビュー

Mさん 30代(入社12年目、主任)

職員全員が受けられる研修があるからこそ、組織全体がレベルアップ!学び合う環境で日々成長を感じることができています。

前職は、別の会社のグループホームで介護職として就業していました。介護の仕事を始めたきっかけは友人に一緒にやってみないかという誘いでした。この仕事にやりがいを感じたのは、昔ピアノの先生をされていた利用者のTさんとの出会いでした。欝病を抱えふさぎがちだったTさんに毎日声をかけたり接していくにつれ、だんだんと心を開いてくださるようになり私にピアノも教えてくれるようになりました。笑顔もとても増え、毎日いきいきと過ごしていただけるようになったのです。関わった方の「何か」が変わるのをその際に体験できました。

もっと介護について学びたくて、学びの場が多く用意されている当社に転職を決めました。パートを含めた全職員が必ず研修を受けることができ、施設の中では定期的に勉強会も開催しています。結果、施設にいる全員のレベルアップにつながっています。私自身も、研修を通じて実際の業務を行う上で振り返りながら知識を補うことができています。こういう勉強会がやりたい!と手を上げればすぐに実行できる環境は嬉しいですね。昨年は学習テーマに応じて職員が担当講師として割り振られていたので、ただ受け取るだけではなく自ら発信する機会もいただきました。今後も理想とするケアを実現するための学び続け、他の職員に対しても学びを与えれる存在になりたいです。

また、安心して働ける環境というのも非常に有り難いです。収入面でもきちんと評価をしてくださる環境ですので、私自身も結婚して二児の父親として、仕事も家庭も大切にしながら仕事に専念することができています。職場の定着率も良く、居心地が良い環境で働かせてもらえていますので、介護業界で長く勤めたいという方には是非お勧めしたいです。

Hさん 50代(入社10年目)

未経験でパートで入社した私が正社員に!子育てや家庭も考慮してくれるのが有難いです。

私は介護の仕事をするのはまったくの初めてでした。結婚前は物流会社で事務として働いていましたが、出産と同時に仕事を辞め、子育てに専念していました。
働きたいと思った時に、求人で『託児所あり。小さいお子様がいても働けます!』という文言に惹かれてこちらに就業しました。

全くの未経験だったこともあり、初めは介護補助としてパートで働いていましたが、利用者さんに「これやってほしいんだけど」と頼まれた時にすぐに自分でお手伝いしてあげたかったので、資格を取ろうと決意しました。そして同僚と一緒に法人で開催しているヘルパー講座に通い資格を取得できました。パートに対する支援もすごく手厚く、もちろん勉強会も就業時間として扱っていただけましたし、毎年時給があがる制度も整っているので有難かったです。

何より一緒に働いている方々に支えていただけていました。子供の都合で少し早く帰る際にも、同僚たちが「早く行ってあげな!」と暖かく送り出してくれるのです。理解してくれる仲間が職場にいるって本当に幸せですね。勤めて10年になりますが、嫌な思いをしたことが本当にないんですよ!

子供が大きくなったタイミングで正社員にならないかと声をかけていただき今年の4月からは正社員として働いています。
正直なところ働き方が変わることに対して家庭との両立ができるのかという迷いがありましたが、子供たちが理解を示してくれたので正社員としてのステップアップをすることにしました。

今は目の前の仕事に全力投球の日々ですが、余裕ができたら法人の支援制度を利用してさらにキャリアアップしていきたいと思っています。

■募集施設一覧

この取材記事を読んで共感された方は、以下の記事から「いいね」を。また、応募まで意志が固まっていなくても少しでも興味をもたれた方は、是非、お気軽に施設見学会に申込んでください。募集要項をクリックすると地図情報を閲覧できます。

募集職種一覧

  • ・介護職(正社員・パート)
  • ・看護職(正社員・パート)
  • ・セラピスト(理学療法士、作業療法士)
  • ・計画作成(ケアマネ)
  • ・サービス提供責任者
  • <病院>熊谷生協病院
    〒360-0012 熊谷市上之3854
    募集要項はこちら
  • <老健>老人保健施設みぬま
    〒333-0831 川口市木曽呂1347
    募集要項はこちら
  • <老健>老人保健施設さんとめ
    〒359-0002 所沢市中富1617
    募集要項はこちら
  • <有料老人ホーム>介護付有料老人ホーム 桂の樹
    〒359-1143 所沢市宮本町2-23-34
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・訪問看護・訪問リハビリ・居宅介護支援>ケアセンターきょうどう
    〒333-0831 川口市木曽呂1317
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・訪問看護・居宅介護支援>ケアセンターかがやき
    〒332-0032 川口市中青木4-1-24
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・居宅介護支援>ケアセンターすこやか
    〒332-0026 川口市南町1-1-24
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・訪問看護・居宅介護支援>ケアステーションかしの木
    〒340-0043 草加市草加4-5-1
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・訪問看護・デイサービス・居宅介護支援>医療生協ケアステーションうらしん
    〒330-0074 さいたま市浦和区北浦和1-8-12 河野ビル4F デイサービス
    (さいたま市浦和区北浦和3-10-4)

    募集要項はこちら
  • <訪問介護・デイサービス・居宅介護支援>医療生協おおみやケアセンター
    〒331-0047 さいたま市西区指扇1070
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・訪問看護・居宅介護支援>ケアセンターかもがわ
    〒362-0076 上尾市弁財1-6-1 第2ふじみハイツ1F
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・訪問看護・居宅介護支援>医療生協ケアセンターひだまり
    〒344-0054 春日部市浜川戸2-13-17 伏見屋第一ビル1階
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・訪問看護・居宅介護支援・小規模多機能>医療生協さいたまふじみ野ケアセンター
    〒356-0004 ふじみ野市上福岡3-3-7
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・居宅介護支援>生協ケアセンターたかしな
    〒350-1137 埼玉県川越市砂新田4-1-4 ブランドールビル2F
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・訪問看護・居宅介護支援>ケアセンターとこしん
    〒359-1143 所沢市宮本町2-23-34
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・訪問看護・居宅介護支援・定期巡回>生協ちちぶケアステーション
    〒368-0016 秩父市阿保町1-11
    募集要項はこちら
  • <小規模多機能・訪問介護・訪問看護・居宅介護支援>介護複合施設 くまここ
    〒360-0012 熊谷市上之3854
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・訪問看護・居宅介護支援>医療生協ケアセンターさきたま
    〒361-0052 行田市本丸18-3
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・居宅介護支援>生協介護センターこだま
    〒369-0306 児玉郡上里町七本木2948-2
    募集要項はこちら
  • <訪問介護・訪問看護・居宅介護支援>ケアセンターはんのう
    〒357-0021 飯能市双柳150-23 2F
    募集要項はこちら

■企業情報

会社名 医療生協さいたま生活協同組合
設立 1992年
代表者 雪田慎二
所在地 〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1317 
事業内容 埼玉県内に病院、診療所、歯科診療所、老人保健施設、介護事業所(訪問看護、訪問介護、デイサービスなど)、有料老人ホーム、配置薬事業の運営。

4病院、8診療所、3歯科、2老人保健施設、1介護付有料老人ホーム、18訪問系介護事業所
総事業収入 206億8,260万円(2016年3月末日現在)
職員数 約2,200人(常勤換算 2016年3月末日現在)
編集後記
今回、取材をさせていただいた際に、施設のどこのフロアを見学しても、全体的にとても明るい雰囲気に包まれており、笑顔や笑い声が絶えないことがとても印象的でした。また、インタビューする中では、役職や立場に関係なくどなたにお話を聞いても常に「利用者さん」にとって…という視点でお話をしてくださったことも印象的でした。
職員の皆さんで常に一丸となって「利用者さん」にどうやったら喜んでいただけるかを考え続けているからこそ、施設内には利用者さんの笑顔が溢れているんだと取材を通して感じました。取材時の表情やちょっとした言葉遣いから職員さんの暖かくなるようなの気持ちが伝わってきて、私の祖父母が入居するなら是非医療生協さいたま協同組合さんにお世話になりたいなと心から思えました。

(記者:永岡)

■募集中の求人 この記事に共感した→「いいね」を、興味を持った→「施設見学会」を。

PAGE TOP PAGE TOP