働くならこういう介護施設 特集
『一流の介護職』を育てるために『一流の環境』を整えた施設篇

働くならこういう介護施設 特集「奉優会」ヘッダー

今回、取材をさせていただいたのは、東京都と神奈川県を拠点に特別養護老人ホーム、デイサービス、地域包括支援センターといった高齢者介護事業を展開する「社会福祉法人 奉優会(ほうゆうかい)」です。

都市部において地域に根差したサービスを展開し、「存在感の高い社会福祉法人NO.1になること」を目標に掲げ、高齢者の尊厳を守るソーシャルワーク活動を行っている法人です。印象に残っているのは、「介護職を中心にさまざまな職種のスタッフが、利用者さまの夢を叶えることに本気でとりくんでいる」その姿勢です。一人ひとりが相手を想う気持ちが、技術となり経験となり、それを体系化させて社員全員で高めあう環境は、出来るようでなかなかできないのがこの業界ではないでしょうか。そんな中、働くスタッフも自らの夢を形にすることに”本気”であることを、今回の取材通じて実感しました。

いわゆる「上司と部下」の組織ではなく、僚友による仲のいいチームを作って成果を上げていく風土。一人でなく、チーム全員で夢に向かって取り組んでいく風土が奉優会にはあります。将来なりたい自分像が決まっている方も、これからじっくりと考えて成長したいあなたにも、是非、施設見学をしてもらいたい介護施設です。

(記者:福光)

■成長できる3つのポイント

【1】入社後は100ページを超えるオリジナル教育冊子を全員へ配布。資格がなくても、イチから学べます。

【2】すべての利用者さま一人ひとりに合わせて、ケースカンファレンス(事例検討会)を実施。
成果は毎年事例研究会にて表彰され、たくさんの事例から刺激を貰うことができます。

【3】キャリアパスは多数。年間休日122日。保育園手当支給!(※審査基準による)また、準夜勤導入など、働きやすい環境も整えています。

(1)入社後の教育体制について教えてください。

入社後は、オリジナルテキストをもとに、個別研修プログラムを用意。例えば、『感染症について』『救急救命について』『認知症について』『ターミナルケアについて』など、実践だけでなく体系化した研修を用意しています。

また、プリセプター制度を導入し、一人に対して1名先輩社員を配置し1年間サポート。いつでも相談ができる環境を整えています。

キャリアビジョン申告制度を活かし、将来にわたってどんな知識を身につけてどんな介護を目指したいかをきちんと定期的に振り返り、目標設定をしています。 介護職員初任者研修の資格取得はもちろん、介護福祉士、ケアマネージャー、認知症ケア専門士など、就業時間を考慮して、資格取得を目指していただけます。

(2)介護・看護・ケアマネージャー・生活相談員とご家族をつなぐケアカンファレンス(事例検討会)

ご高齢者の夢を叶えることが私たちの仕事。
特別養護老人ホームへ入居する利用者さまは、”本当は自宅復帰を果たしたい。本当は自分の足で大好きだった旅行へもう一度行きたい。もう一度、行きつけだったあのお店のお寿司が食べたい。”など様々な夢と現実とに向き合っていらっしゃいます。

そこで、私たちは一人ひとりに対してケアカンファレンスを実施。ケアマネージャーだけでなく、一番身近に接することができる介護職やPT、OT、栄養士、時にはご家族の方を交えて、ご本人の夢と希望を叶えるためにどのようなケアを行っていけばよいのかを検討し実施します。

そうして立案し、良い成果を上げた事例は、毎年全社で開催される事例発表研究会にて表彰されます。成果を皆で共有し賞賛し合うこと、そして事例を共有することによるノウハウの蓄積が個々の成長へとつながっています。

(3)年間休日122日。保育園費用の補助など、働きやすい環境もご用意しています。

介護業界は、女性も活躍する業界です。
奉優会では、長く働ける環境づくりを多数ご用意しています。

例えば、産休・育休の復帰率。H24年度は12名中全員、翌年は21名中20名と復帰率が非常に高く、長く働ける環境です。 その理由は業界トップクラスの年間休日122日と時短勤務の体制。 生活スタイルが変わっても仕事を続けやすいよう、仕事と家庭の両立を目指す主婦(夫)はもちろん、全スタッフにとって、働きやすい環境作りを目指しています。 そして最近では「for優キッズサポート」という制度を導入。お子様を公立保育園に預けられず、民間保育園に預けた場合の保育料の差額補助を実施するようになりました。

今後も現場の意見を取り入れながら、目指すべき介護と職場環境の整備を同時に行っていきます。

■中途入社8割以上。若手からベテランまで、入社理由は様々あって良いんです。

働くならこういう介護施設 特集「奉優会」ひだり
長川(入社8年目・主任) 等々力の家
前職は実は料理人でした。将来を考えた時に、このまま飲食で食べていけるのかという不安もあり、また、もともとおばあちゃん子だったので、介護の道で手に職をつけたいと思い、無資格未経験で受け入れてくれた等々力の家に、アルバイトで入社しました。

右も左もわからず何もかも初めてだったのですが、就業時間を使って介護職員初任者研修の資格も取得させていただくことができました。今は、介護リーダーを任せていただいております。これからは今まで教わってきた恩返しができるよう、後輩の指導育成に力を入れていきたいと考えています。
益子(入社2年目・OT) 沓掛ホーム
前職は、鍼灸マッサージ師柔道整復師の資格を取得し、鍼灸整骨院を20数年程開業していました。母が施設にお世話になったことをきっかけに、私もより多くの方へのリハビリテーションが出来ればと思い、転職。沓掛ホームで作業療法を行っています。
介護施設での就業は初めてでして、認知症の方もたくさんいらっしゃり、初めは手探り状態でしたが、意思疎通ができないわけではなく、非常にやりがいがあります。また、介護職の皆様も知識取得に非常に積極的ですので、今では月に1度研修を行いながら、一緒になって成長させていただいています。
働くならこういう介護施設 特集「奉優会」ひだり

■求める人材について教えてください。

働くならこういう介護施設 特集「奉優会」ひだり
「高齢者に敬意を持てる方」
「協調性のある方」
「素直な方」
「自ら動くことが出来る方」
「人の話を聞ける方」
「活力のある方」


この6つの中で一つでも、ぴんときたあなたに、是非今後の奉優会を担っていただきたい、そう思っております。大切なのは、資格や経験よりも考え方。仲間と一緒に高めあって努力していくことが、ひいては法人全体の成長に繋がり、地域への貢献とつながっていく、そう考えています。

■募集施設一覧 この記事に共感した→「いいね」を、興味を持った→「施設見学会」を。

この取材記事を読んで共感された方は、以下の記事から「いいね」を。また、応募まで意志が固まっていなくても少しでも興味をもたれた方は、是非、お気軽に施設見学会に申込んでください。

等々力の家(東京都世田谷区)
等々力の家
(東京都世田谷区)

特別養護老人ホーム・従来型
等々力の家
かわいの家(神奈川県横浜市旭区)
かわいの家
(神奈川県横浜市旭区)

特別養護老人ホーム・ユニット型
かわいの家
白金の森(東京都港区)
白金の森
(東京都港区)

特別養護老人ホーム・従来型
白金の森
奉優の家(東京都足立区)
奉優の家
(東京都足立区)

特別養護老人ホーム・ユニット型
奉優の家
沓掛ホーム
沓掛ホーム
(東京都杉並区)

特別養護老人ホーム・従来型
沓掛ホーム
マイホームはるみ
マイホームはるみ
(東京都中央区)

特別養護老人ホーム・従来型
マイホームはるみ
渋谷区総合ケアコミュニティ・せせらぎ
渋谷区総合ケアコミュニティ・せせらぎ
(東京都渋谷区)

渋谷区地域密着型特養・従来型
渋谷区総合ケアコミュニティ・せせらぎ
フォーユーショートステイ淡路
フォーユーショートステイ淡路
(東京都千代田区)

ショートステイ・ユニット型
フォーユーショートステイ淡路

■法人組織として、奉優会について教えてください

会社名社会福祉法人 奉優会(ほうゆうかい)
設立平成11年11月15日
代表者理事長 香取眞惠子
本部所在地〒154-0012 東京都世田谷区駒沢2-11-3第二集花園ビル8F
事業内容特別養護老人ホーム、ショートステイ、デイサービス、居宅介護支援をはじめとし72事業所を展開

〈特別養護老人ホーム〉
・等々力の家 ・かわいの家 ・白金の森 ・奉優の家 ・沓掛ホーム ・せせらぎ
〈ショートステイ〉フォーユーショートステイ淡路 他6ヶ所
〈ケアハウス〉1ヶ所
〈グループホーム〉5ヶ所
〈小規模多機能型居宅介護〉5ヶ所
〈デイサービス〉一般型通所介護 18ヶ所、認知症対応型通所介護 9ヶ所
〈高齢者福祉センター〉高齢者センター 13ヵ所、地域ケアプラザ 1ヶ所
〈在宅支援サービス〉訪問介護 1ヶ所、居宅介護支援事業 7ヶ所、地域包括支援センター 9ヵ所
売上高56億5,200万円(平成27年3月実績)
48億8,400万円(平成26年3月実績)

■代表プロフィール、編集後記

社会福祉法人奉優会 理事長 香取眞惠子
社会福祉法人奉優会・理事長
香取眞惠子
もともと介護サービスを始めたきっかけは、女性の職場づくり、地位向上を目的としていました。おかげさまで事業はどんどん成長することができました。そして、一緒に会社を成長させてくれた大切な介護・福祉のプロ達が、今度は安心して老後を過ごせるように。そう思い、世田谷に入居介護施設「等々力の家」をつくったのが、奉優会の始まりです。地域に根付いた優しさ溢れる介護施設づくりを心掛けてまいりました。

おかげさまで、平成24年6月5日に、介護福祉のために長年尽力された功績に対し、名誉ある旭日単光章を拝受し、 皇居豊明殿にて、天皇陛下に拝謁の栄を賜りました。

住み慣れた家や地域で安心して老いることができる、それが私の介護への想いです。
現在は、子供が3人。孫が8人。そして、現場で働く皆さんも家族だと思っています。
座右の銘は“常に前向きに。そして、感謝の気持ちを忘れない” これからも、奉優会で働くみなさんがずっとプロとして活躍できるよう働きやすい環境を作っていきます。
編集後記

本気で一番を目指している”環境”とは、職場自体とその職場を構成している全てを意味する。

職場、そこで働く人、教育体制、モチベーション維持の仕組み、理念や考え方、利用者に向き合う姿勢、サービス、そして経営陣。

今回、各施設に取材をさせていただいたが、どの職員も開口一番、「働く仲間がとてもいいんです」と語ってくれた。笑顔と仕事に対する誇りを持てる、そんな仕事に出会える法人であると感じた取材であった。

■募集中の求人 この記事に共感した→「いいね」を、興味を持った→「施設見学会」を。

→社会福祉法人奉優会の求人はこちら
PAGE TOP