働くならこういう介護施設 特集
『大阪・梅田に巨大複合施設オープン!
大阪で新しい風を吹かせる法人』篇

働くならこういう介護施設 特集 『大阪・梅田に巨大複合施設オープン!大阪で新しい風を吹かせる法人』篇

2018年2月、大阪・梅田に13階建、介護老人保健施設100床、特別養護老人ホーム120床、デイケア・デイサービスも併設する巨大複合型施設が開設。まさに梅田のど真ん中という立地もあり、オープン前から話題の平成曽根崎苑。オープンしたばかりの施設を見学させて頂くと、梅田の中心地だとは思えない広々とした空間と笑顔が溢れる穏やかに流れる時間がありました。

淀川区・港区・そして今回、新たに北区に展開をする社会福祉法人平成福祉会。
「従来の介護・福祉の枠にとらわれず新しくチャレンジし続けているのが魅力だと思います」と言うのは採用担当の山浦さん。その言葉の真意を探るべく、大阪で勢いを増し続ける社会福祉法人平成福祉会さんを今回取材致しました!

■お勧めできる3つのポイント

【ポイント1】固定概念にとらわれず、柔軟な発想とチャレンジ精神がある環境

【ポイント2】地域密着型で地域に貢献

【ポイント3】未経験の方もスキルアップしたい方も必見。万全の教育体制

Point 1 働く環境固定概念とらわれず、柔軟な発想とチャレンジ精神がある環境

「幸齢者施設」を実現するために—

平成30年4月に16年目を迎えた同法人。
淀川区に特養と障がい者施設、港区に特養、そして今回、北区に新たに複合型施設を開設いたしました。
社会福祉法人としては比較的若い法人となりますが

◆港区で初のユニット型特養を開設
◆大阪市内初の特別養護老人ホーム×介護老人保健施設を開設
◆外国人職員の雇用

など様々な取り組みを行っております。
若い法人なので、柔軟により良いと感じるものは取り入れています。
その他にもこれからも新規の開設を計画したり、まだまだ新しいことを考えています。

合言葉は、「ええやん、やってみよや!」やる気と実力を評価します。

施設内でのイベントや働き方もスタッフの提案で日々新しいことを生み出しています。
もちろんうまく進むことばかりではありませんが(笑)、新しい意見は大歓迎です!否定することはありません。
実際に正社員であっても早番中心の人、夜勤中心の人、などスタッフ同士で話し合いシフトを調整することもあります。

また、若手の抜擢も積極的に行っています。
平成曽根崎苑では25歳でユニットリーダーをしているスタッフもいます。介護業界のイメージは年功序列。ポジションも、お給料も、一定の年数を勤めなければ上がらない。そんなイメージとは無縁です。年功序列ではなく、やる気と実力次第でポジションはどんどん用意していきます。

Point 2地域密着型で地域に貢献!

住み慣れた地域で安心して暮らしてもらいたい。そんな思いは、基本方針にもあらわれています。
基本方針に、【入居者・利用者の方々の基本的人権を尊重する。】【施設職員の質的向上を図る。】【地域との交流を図る。】の3つを掲げる当法人。
「新たな取り組みを行う一方で、福祉で地域に恩替えしをしたい。そんな思いを持って、平成福祉会は福島区を中心とし、大阪市内に展開しています。これからのビジョンとしても、それをブラすことはないです。」

状態や介護度の変化に伴い、施設を変えることは高齢者の方にとって少なからず負担がかかる行為となります。平成曽根崎苑では複合型施設施設として、在宅生活への復帰を目的とされる方を対象とし、リハビリなどを行う老人保健施設の開設と、重度の方を対象とした入所施設であるユニット型特別養護老人ホームとを併設することで、さまざまな状態やご希望に応じたサービスを提供出来る施設となっています。高齢者の方にとっても、ご家族にとっても同じ建物で過ごして頂けることは心身ともに負担の軽減に繋がり、新たな平成福祉会の強みとなっています。

また、障害福祉サービス事業所『にいたかの里』では、季節の行事を通して地域との交流も行っています。
ボランティアの方にお越しいただいてイベントを一緒に行ったり、交流スペースは地域の方に開放することも。

住み慣れた地域に恩返しをしたい!福祉を通して地元に恩返しをしたい!
あるいは、その理念に共感して下さる方。私たちと一緒に働きませんか?

Point 3長く働くために。働きやすい環境が整っています!

▼スキルアップを支援します。充実の研修制度

個人のスキルアップを図るため、さまざまな研修制度を用意しています。
職員間の交流を図るため、定期的に社内勉強会も開いています。講師を招き、スキルアップを目指すことはもちろんですが、コミュニケーションの場としても役割をはたしています。外部研修を無料で受けれることもありますよ。

▼多様なキャリア

入職時に介護職として勤務を始めても、その後の希望や適性により多様なキャリアを選ぶことができます。
■介護職のスペシャリストを目指す
■リーダーとしてマネジメント力を発揮
■相談員など、専門職として福祉を極める

今後も新施設を展開していく予定です。ポジションは豊富にあります!働きながら資格を取得していくことも可能です。

▼駅チカで抜群の立地。通いやすく、長く働けます!

毎日のことだからこそ、快適に。
長く続けたいからこそ、毎日の通勤は重要な要素。
淀川区にある特別養護老人ホーム平成新高苑・障害者福祉施設『にいたかの里』は阪急三国駅から徒歩7分、港区にある特別養護老人ホーム『平成みなと苑』はJR環状線 弁天町より徒歩10分、そして『平成曽根崎苑』は地下鉄谷町線  東梅田駅より徒歩7分、JR東西線  北新地駅より徒歩8分、JR大阪駅、地下鉄・阪急 梅田駅より15分以内と抜群のアクセスを誇っています。

大阪市内だけでなく、近隣の地域からも通いやすい立地にあるので、早番や夜勤の時間帯でも安心して通勤して頂けます。
お仕事終わりに買い物に行けたり、映画に行けたり、飲みに行けたり・・・しっかり働いた後は自由に楽しむこともできる環境が整っています!

職員インタビュー

施設長 Hさん

あたたかさ溢れる施設を目指して。
周りのフォローがあったからこそ、家庭との両立を行うことができました。

平成福祉会には元々ケアマネとして入職をし、その後副施設長、施設長・・・と4年ほどで気づけば施設長になっていました。

以前の職場では、病院での介護職や居宅でのサ責として働いていましたが、仕事がハードで休みもきちんと取れず、子どももいたので、家庭との両立が難しく働き続けることに葛藤がありました。

そんななか平成福祉会に入職をしたきっかけは家から近かったこと。最初はたったそれだけでしたが、「福祉で地域に恩返しをする」という考え方にとても共感しました。施設長という重要な役割に不安もありましたが上司やスタッフにしっかりフォローしてもらったおかげて今は楽しく働いています。

施設では想定外のことも起こりますし、決して楽しいことばかりではないです。ただ、スタッフ全員がどうすればより入居者の方に快適に過ごして頂けるのか、働きやすい施設つくりができるのか、など自発的に動いているのが強みですね。理念である『相手への思いやりの心』を持ち接しているので風通しがよい環境です。

まだ新しい法人にはなりますが、福利厚生も充実しているので有給もきちんと消化できますし、産休を取得できたりと働きやすい環境が整っています。男性も女性も、これからライフイベントを経験する方、バリバリ働きたい方、介護業界に飛び込みたい方、色んな方に活躍してもらえる環境だと思います。私ですか?毎日子どものお弁当を3つ作り肝っ玉母ちゃんしながら働いていますよ!(笑)

フロアリーダー Sさん

40歳目前。これからの働き方を考えた時に、平成福祉会はピッタリの職場でした。

今まで病院・有料老人ホーム・グループホームなどを経験してきました。介護の業界に入り、12,3年が経ち、40歳を目前に控えた頃、今後の働き方を考えるようになりました。介護職は長時間夜勤があり、生活が不規則になりがちだったのですが、いま私が働いている【平成曽根崎苑】では22:00〜明け方までのショート夜勤であることに魅力を感じ、それに加えオープニング×老健ということで今までの経験を活かすことができるのではと考え応募しました。

現在、私は老健のフロアリーダーとして現場づくりやスタッフの教育を行っています。長く現場で活躍するにはやりがいだけではなく働きやすい環境は重要ですよね。シフトやお休みももちろん大切ですが、人間関係やサポート体制も大切だと考えています。比較的、経験者のスタッフが多いですが、未経験の方へもしっかり現場でサポートしています!私もかつて、水泳のインストラクターから介護職に転職をした時、良い先輩に恵まれ続けたので、今度は私がそういった環境づくりをしていきたいですね。

平成曽根崎苑はオープンしたばかりの施設なので、仕事の流れや基礎もまだまだこれから創り上げていく段階です。意欲のある方は経験の有無を問わず一緒に仲間になって頂きたいですね!立地も梅田からすぐでアクセスが良く、仕事終わりにスタッフと飲みにいくのには困らないですね(笑)仕事も遊びも全力で取り組んでいます!

生活相談員 Nさん

ずっとやりたかった仕事。ブランクを経て挑戦し、新しい目標ができました!

福祉系の大学を卒業し、新卒で介護職として数年働いていました。いずれ、相談員として働きたいと思っていたのですが一度退職し、販売やコールセンターなどの接客業に転職をしました。転職の理由ですか?相談員はご家族と施設のパイプ役。施設の代表としてご入居者様やそのご家族とコミュニケーションを取るにあたり、介護業界以外の経験が役に立つのでは、と思い転職を決意しました。数年後に社会福祉士の資格を取り、相談員になるために未経験で受け入れて下さった【平成みなと苑】に昨年入職しました!

想像以上に大変なこともありましたが、それ以上にやりがいの多い仕事だと感じています。未経験でも受け入れてくれたことは本当に嬉しかったですね。平成福祉会の魅力は、法人自体に挑戦する風土があるので手を挙げる人にはチャンスを与えてくれるところですね。ゆくゆくはケアマネの資格も取って、そちらも挑戦したいと思っています。

仕事だけでなくプライベートも充実していますよ。最近は友だちと一緒にヨガを習い始めました!あとは綺麗な字を書きたいと思い、習字の体験コースにも通っています(笑)仕事もプライベートもスキルアップを目指します!

介護職 Oさん

全員で創り上げる一体感、利用者さまの「ありがとう」がいちばんの元気です。

両親が介護職をしていたこともあり、自然とこの仕事を選択しました。元々は学校を卒業して地方の老健で勤務していたのですが、地元の大阪に戻るにあたり、大阪の、しかも梅田に巨大複合型施設ができるというのを見て興味を持ち、入職をしました。

施設のオープンに一から携わることができるのはとても魅力的でした。最初は何もきまっておらず、今自分が働いているユニット「さくら」「つばき」の名前もオープン前にフロアのスタッフ全員で話し合って決めました!ここまで一から作っていく経験はなかったので、とてもワクワクしました。

実際にオープンして働いてみた時、どうすればご利用者さまに楽しく、心地よく過ごして頂けるのか、どうすれば施設を盛り上げていけるのか、考えることはたくさんあります。しかし、任せてもらえることも多く、みんなで話し合って決めれるのでチームワークは抜群です!風通しがよく、意見を言い合える環境なのは、オープニングというだけでなく平成福祉会の文化だと思います。きれいな休憩所もあるので、休憩時間はリラックスできるのもいいところですね。

利用者の方やこれから新しく入ってくる方にとって良い相談相手になれるよう、精進したいですね。そして、しっかり働いてお給料アップも目指します!(笑)

■募集施設一覧

応募まで意志が固まっていなくても少しでも興味をもたれた方は、是非、お気軽に施設見学会にお申込みください。また、求人一覧はこちらをクリックすると求人の詳細を閲覧することができます。

募集職種一覧

  • ・介護職(正社員・パート)
  • ・看護職(正社員・パート)
  • ・機能訓練士
  • ・栄養士
  • ・調理
  • ・計画作成(ケアマネ)
  • ・生活相談員
  • ・入居相談員 
  • <特別養護老人ホーム・介護老人保健施設>複合介護施設 平成曽根崎苑
    〒530-0057 大阪市北区曽根崎1-1-20
    求人一覧はこちら
  • <特別養護老人ホーム>平成みなと苑
    〒552-0007 大阪府大阪市港区弁天2-8-16
    求人一覧はこちら
  • <特別養護老人ホーム>平成新高苑
    〒532-0033 大阪府大阪市淀川区新高4-15-25
    求人一覧はこちら
  • <障害福祉サービス>にいたかの里
    〒532-0033 大阪府大阪市淀川区新高4-15-28
    求人一覧はこちら

■企業情報

会社名 社会福祉法人平成福祉会
設立 平成15年4月
代表者 理事長 渡邊 卓
所在地 〒553-0006 大阪府大阪市福島区吉野1-21-14
事業内容 ■特別養護老人ホーム(特養)
■短期入所生活介護(ショートステイ)
■通所介護(デイサービス)
■居宅介護支援(ケアマネ)
■介護老人保健施設(老健)
■通所リハビリ(デイケア)
■障害福祉サービス
職員数 290名
編集後記
—社会福祉法人はたくさんある。特養も、老健もたくさんある。大阪市内だけでも介護職の仕事はたくさんある。新卒の方も中途の方も、その中で平成福祉会を選んでくれた職員には幸せになって欲しい。平成福祉会出身と言うと一人前と認識してもらえるような法人になりたい—
これは、採用担当の山浦さんが入社した際に上司の方から言われた言葉だそうです。私自身もその言葉がとても印象的であると同時に、お話を伺った方々にも受け継がれているように感じました。『幸齢者施設』を目指すにあたり、ご利用者の方に幸せを届けるためには働く職員が幸せでないといけない、そう感じました。

取材を進めるなかで、知れば知るほどワクワクしていき、事務長さんの「なっ、渡辺さんもだんだん働きたくなってきたやろ?」という明るい笑顔がまぶしく、思わず頷きました。

超高齢化社会に突入し、多くの法人や施設が開設するなか、常に挑戦し続けている平成福祉会。
その姿勢や取り組みを一言で言うとまさに「介護ベンチャー」。ただ、その一言では言い表せない、温かさを感じた1日でした。

(取材:渡辺)
PAGE TOP PAGE TOP