介護施設の種類

介護職種が活躍する介護施設。
介護施設の種類は非常にたくさん。介護施設ごとでサービス内容や入居目的、入居条件に違いがあります。また、施設によって介護の仕事内容もさまざま。
ここでは、介護求人パークの求人の中で多くある介護の施設形態についてご説明します。

特別養護老人ホーム(通称:特養)

入所

介護保険における施設サービスのひとつとして、特別養護老人ホームがあります。社会福祉法人や地方自治体などにより運営される公的な介護施設で、在宅介護が難しい重度の要介護認定者された方が入居しています。

軽費老人ホーム

入所

介護は不要であるものの身体機能の低下や家族による援助を受けることが困難な人を対象とした施設で主に日常の生活のサポートと食事の提供をします。施設種類は、A型・B型・C型(ケアハウス)という3種類があります。

有料老人ホーム(通称:有料)

入所

生活のサービスや介護サービスを提供する民間の施設。入居条件は、健康の方から終身介護を対象にする方までさまざま。また、有料老人ホームの中にも「介護型」「住宅型」「健康型」と3種類あります。

グループホーム(通称:グループ)

入所

施設所在地と同じ市区町村にお住まいの方が対象となる、地域密着型サービスの施設です。高齢者や障害者が少人数(5〜10人程度)で共同生活を送り、地域社会になじみながら家庭と似た環境で暮らすことができるのが特徴です。

老人保健施設(通称:老健)

入所 or 通所

医療法人や社会福祉法人などが運営する公的な介護施設です。施設の目的は、主に医療ケアやリハビリを必要とする重度の要介護状態の高齢者(65歳以上)を受け入れており、入居者は医療管理下での看護や介護を受け、自立生活を目指すことを目的にしています。

デイサービスセンター(通称:デイ)

通所

日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練などの各種サービスが受けられます。ご高齢者の自立を支援することが目的だけでなく、利用者家族の介護負担を軽減する役割として実施されています。

入所入所とは、利用者が施設に住み、常時介護サービスを受ける形態のこと。
通所通所とは、利用者が施設に通い、介護サービスを受ける形態のこと。
PAGE TOP