訪問介護員(ホームヘルパー)へ転職・登録する

訪問介護は、一人ひとりの利用者のお宅を訪問して行う介護。まさに“個別ケア”を行う仕事です。介護職としてのスキルアップもできますし、人によっては「施設介護」より「訪問介護」の仕事のほうが向いている場合もあります。
ここでは「訪問介護」と「施設介護」の仕事の違いや、働く時間、給料、正社員・登録ヘルパーなどの雇用形態についてご紹介します。

「施設介護」の仕事にあまりやりがいを感じられない方、働きにくさを感じている方は、実は「訪問介護」こそがあなたに向いた仕事もしれません。また、介護の仕事は未経験で、これから訪問介護に挑戦しよう、という方もぜひこのページを読んで参考にしてください。

訪問介護の仕事内容・特徴

訪問介護とは、介護を必要とされる方が住み慣れたご自宅で「自分らしい生活」を続けられるように、訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、日常生活のサポートをする介護サービス。
訪問介護で行うサービスの内容は、主に「身体介護」、「生活援助」、「通院介助」の3種類です。

「身体介護」は、入浴・排せつ介助・着替えなどの身体に直接触れる介助。「生活援助」は、調理・掃除・洗濯・買い物などの日常生活のお手伝い。「通院介助」は利用者を病院へ連れて行き、移動(歩行・車椅子走行など)や受診の手続きを介助します。

「生活援助」や「身体介助」は介護施設でも行う仕事です。仕事の一つ一つのパーツを見ると、施設介護も訪問介護も似ているといえるでしょう。
しかし、働く場所や、利用者・同僚との関わり方は、かなり違っています。

訪問介護は、利用者の自宅を介護職が、原則1人で訪問・1人で介護します。
それに対し施設介護は、介護施設に来る利用者を、介護職が複数人数で分担して介護します。

これが自分のしたい介護…? 悩む人は「訪問介護向き」かも

訪問介護は、ホームヘルパーが1人で動く仕事です。もちろん、必要に応じてサービス提供責任者や、訪問介護事業所の管理者・主任などに相談をしますが、基本的に、自立して行動できることが重要です。
施設介護のように、常に周囲に他のスタッフがいるわけではありませんから、先輩や上司に細かく指導を受けることはできません。
しかし、自分自身で決めて動くことができ、無理に周囲に合わせる必要がない、自由度が高いという側面もあります。

スポーツに例えると「陸上などの個人競技」か「サッカーなどの団体競技」か、の違いと言えるかもしれません。 もちろん、介護はそれ自体が、家族やケアマネージャー・看護師などとも連携した団体競技です。しかし、介護職によっては、訪問介護が好きなタイプ、施設介護が好きなタイプとに、ある程度分かれるようです。

また、違いは、職場の仲間との関わりだけではありません。利用者との関わりも異なります。
訪問介護は、利用者の生活の歴史や、その人らしさがあふれた自宅を訪問します。まさにプライベートに入り込むのです。その空間で2人きりとなることも多く、関係性はおのずと深くなります。
一人ひとりに合わせた個別ケアになるのはもちろんのこと、施設介護とは一味異なるやりがいを感じることもできるでしょう。

良いこと・難しいこと

訪問介護員(ホームヘルパー)になるときの注意点

自由度が高く、個別ケアができる…やりがいがありそうですね。ただ、注意していただきたい点があります。

「自由」と「責任」はセットです。一人で行動する分、その責任を自分で背負う覚悟が必要になります。介護経験が豊富でケアやコミュニケーションに自信がある人はよいですが、未経験からはじめる場合は、その点を意識しましょう。

訪問介護事業所によっては、未経験者に対して充実した研修の場を設けたり、安心して独り立ちできるまでは2人体制で訪問を続けるなど、教育やフォローに力を入れるところもあります。
未経験や自信のない方は、教育体制のしっかりした事業所を選ぶと良いでしょう。

訪問介護の働き方は、主に「直接雇用の正社員」と「登録社員」の2種類

訪問介護の雇用(契約)形態は主に2種類あります。一つは「直接雇用の正社員・アルバイト」。もう一つは「登録型の社員」です。

直接雇用の正社員やパートとして働くメリットは、固定の給与で安定して働くことができること。さらに、訪問介護事業所によっては、積極的に研修などを受けさせてもらえます。直接雇用していますから、有給休暇や福利厚生もありますし、昇給や管理職へのキャリアアップもありえます。
しかし、デメリットとしては、時間の自由度が低いこと。また、会社から求められた条件に対し自分が合わせていくことの大変さがあるともいえます。

一方、訪問介護の登録社員(登録ヘルパー)として働くメリットは、自分の希望する時間に、自分の希望する範囲で働けること。そのため、子育てと両立したい方、扶養内で働きたい方、趣味の時間を優先したい方、他の仕事とダブルワーク(副業)をする方なども多いのです。
また、複数の訪問介護事業所に同時に登録することができるため、かけもちで訪問介護の仕事をして高収入を目指すことも可能です。

しかし、登録社員の場合、一定の仕事量・金額が保障されているわけではありません。安定性という面では、正社員より不利な部分もあります。

自分が今、そして将来、何を求めるかを考え、働き方を選ぶとよいでしょう。

ホームヘルパー(訪問介護員)とは?(←ホームヘルパーに必要な資格・平均給料などを詳しくご紹介しています)

正社員
登録社員

自分に合った訪問介護事業所で働くことが重要

訪問介護事業所は、さまざまあります。たくさんありすぎて、どう選んだらよいか分からない人も多いでしょう。介護施設と同様、訪問介護事業所にも、それぞれ違いがありますから、特長をよく理解して選ぶことが重要です。

正社員の場合は、失敗したと思っても簡単に転職ができません。まずは事前の情報収集をしっかりと行いましょう。就業時間や給与・福利厚生・手当・教育体制はもちろんのこと、訪問エリア・訪問方法・キャリアップの可能性などもきちんと把握しておきましょう。

登録社員(登録型ホームヘルパー)の場合、複数の事業所へかけもちで登録できる場合がほとんど。実際に働いてみないとわからないこともあります。条件に合う訪問介護事業所が複数ある場合は、無理に一つに決めずに、すべてに登録して働いてみるのもいいでしょう。その後で、自分に合う事業所一つに絞るか、かけもちを続けるかの判断をしても、遅くはありません。

介護求人パークの「訪問介護会社一括登録機能」では、あなたが希望する訪問介護事業所を複数選択し、1回の応募で各社に登録ができます。

全国の訪問介護事業所から、お住まいの都道府県にある訪問介護事業所を、選択することができます。まずは複数の訪問介護事業所に登録してみよう、という方は、ぜひこの機能をご利用ください。

介護求人パークでは、求人情報をいろんな条件で絞り込みできます!

平日勤務・無資格OK・オープニング募集などの“こだわり条件”や、時給1200円以上・月給25万円以上など“希望給与”でも検索OK。
もちろん、デイサービス・特別養護老人ホームなどの“施設形態”や、社員・パート・派遣など“雇用形態”、介護職・ケアマネージャーなどの“職種”でも探せます!

PAGE TOP PAGE TOP