【介護福祉士】とは、どんな資格?

介護福祉士は、たくさんある介護資格の中でも唯一の国家資格。直接介護を行う中で、最上位の資格といえます。このページでは、介護福祉士の資格内容・メリット・受験資格・合格難易度・取得後の転職のコツなどをご紹介します。

「介護福祉士」とはどんな資格?

介護福祉士は、社会福祉士及び介護福祉士法(1987年5月26日制定、2007年12月5日改正)により定められた介護・福祉分野の国家資格です。
法律では、「介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと」と定義しています。
直接介護を行う介護職の、最上位の資格です。

その“直接介護”とは、単に食事や排せつ、入浴のお世話をするだけではありません。利用者や家族に対して、自立支援に向けた介護技術など、具体的な指導・助言を行うところも、この国家資格の特徴です。
そのため、根拠に基づいた質の高い介護の実践を目指し、自ら知識や技術の向上に努めることが必要になります。

さらには、福祉サービスが総合的かつ適切に提供されるように、福祉サービス関係者などと連携することも重要とされます。つまり、自らの知識や技術をもとに、利用者を取り巻く環境を整備していく力を求められるわけです。

これまでは、「介護の実務経験3年以上」という要件を満たしていれば、誰でも介護福祉士を受験できました。しかし、平成28年度(29年1月の試験)から、専門学校等の2年の専門的教育課程を経ていない者に対しては、受験時には実務者研修の450時間の受講と修了が義務付けられています。

資格取得の難易度は、より高まったと言えますが、裏を返すと、資格の価値がさらに高まったということ。
多様化するニーズに対応するためには、介護福祉士たる者、だれもが認める確かな知識と技術を持つことが基礎になるというわけです。

「介護福祉士」を取得するメリットは?

高い介護技術と知識を身に付けることができ、そのスキルを証明できる

介護福祉士を受験するには、介護職員初任者研修の130時間を含めた450時間の研修を修了している、または2年などの所定の専門的教育過程を経ていることが条件。その上で筆記試験と実技試験に合格して、初めて得られる国家資格です。
資格を取得する過程で、確実な知識や技術を身につけられます。また、資格保有という形で、その専門性をわかりやすく証明できます。

給与や待遇がよくなる

国家資格を取得していることは、給与や待遇面でメリットがあります。無資格者や介護職員初任者研修取得者と比べても給料がよく、資格手当などがつく場合が多いようです。

管理職になる道が開けやすい

例えばサービス提供責任者・リーダー・生活相談員など、事業所で配置が必要な役職については、介護福祉士などの有資格者でなければならないものもあります。介護福祉士資格を持っていることで、雇い側が、「この人を将来管理職に」と想定することも多いようです。

より、誇りを持って仕事ができる

介護福祉士と名乗れるのは、介護福祉士の国家資格を取得した人だけです。「名称独占」と言われる資格です。しかし、医師や看護師、弁護士のように「この名称の人しかこの仕事ができない」という「業務独占」ではありません。
介護業界では初任者研修・ヘルパー2級などの資格で働く人や無資格で働く人もいます。どんな資格でも、介護の仕事は大きく変わらないと思う人もいるでしょう。

しかし、介護福祉士の国家資格を持っていることが、介護のプロとして、職場や業界内外からも一目置かれることは事実です。また、名刺に「介護福祉士」と印刷して渡す人も多く、周囲からも「国家資格を持っている介護のプロ」として認められています。
こうした経験を積み重ねることで、介護職としてより誇りを持つことができ、業界を牽引する、という自覚を持つこともできます。

次のステップとしてケアマネージャーを目指せる

介護業界では、いままで「介護実務を勤務して3年で介護福祉士、5年で介護支援専門員(ケアマネージャー)を目指す」が、ひとつの目標とされてきました。
以前は、介護実務を5年(もしくは10年)経験すれば、ヘルパー2級の人もケアマネージャーの受験資格が得られたからです。
しかし今は、初任者研修やヘルパー2級では、ケアマネージャーになることができません。介護福祉士や社会福祉士などの国家資格を得てから、もしくは、生活相談員などの相談援助業務を担当してから、5年の経験が必要です。
介護職からケアマネージャーを目指すのであれば、介護福祉士は、必ずとっておきたい資格です。

「介護福祉士」取得者が活躍できる場は?

介護施設や訪問介護の現場で、介護職・ヘルパーとして活躍できるのは当然ですね。さらに前述したように、訪問介護事業所では、サービス担当責任者や管理者として、デイサービスや老人ホームではフロアリーダーや施設長として、介護福祉士が大いに活躍しています。利用者を中心としたカンファレンスにも、介護職の代表として参加することも多いでしょう。

また、高齢者対象の介護施設だけでなく、障がい者施設、社会福祉施設でも介護福祉士は求められます。活躍の場は広いのです。

「介護福祉士」の受験資格・試験内容・合格難易度は?

受験資格

ここ数年、介護福祉士の受験資格や試験内容などが大きく変化しています。第30回(平成29年度・試験自体は平成30年1月)の受験資格は以下になります。

(1)3年以上(在職期間3年以上、実働日数540日以上)介護等の業務に従事した方(平成30年3月31日までに3年以上の従事となる方を含む)で、実務者研修を修了した方(平成29年12月31日までに実務者研修を修了する方を含む)

(2)3年以上(在職期間3年以上、実働日数540日以上)介護等の業務に従事した方(平成30年3月31日までに3年以上の従事となる方を含む)で、介護職員基礎研修と喀痰吸引等研修(3号研修を除く)の両方を修了した方(平成29年12月31日までに喀痰吸引等研修を修了する方を含む)

(3)高等学校又は中等教育学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した方(平成30年3月31日までに卒業見込みの方を含む)

(4)特例高等学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した後、9ヶ月以上(在職期間9ヶ月以上、実働日数135日以上)介護等の業務に従事した方(平成30年3月31日までに9ヶ月以上の従事となる方を含む)

(5)EPA(経済連携協定)介護福祉士候補者として来日し、3年以上(在職期間3年以上、実働日数540日以上)介護等の業務に従事した方(平成30年3月31日までに3年以上の従事となる方を含む)

(6)文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定した学校または都道府県知事の指定した養成施設において、介護福祉士として必要な知識と技能を修めて卒業した方(平成30年3月31日までに卒業見込みの方を含む)

<介護福祉士の資格取得ルート図>

社会福祉振興・試験センターのホームページより

試験内容

筆記試験と実技試験が別の日で設定されています。第30回は筆記試験が平成30年1月下旬、実技試験が3月上旬を予定しています。
申し込みは平成29年の8月上旬から9月上旬の予定です。

受験科目

■筆記試験(11科目群)
(1)人間の尊厳と自立、介護の基本
(2)人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
(3)社会の理解
(4)生活支援技術
(5)介護過程
(6)発達と老化の理解
(7)認知症の理解
(8)障害の理解
(9)こころとからだのしくみ
(10)医療的ケア
(11)総合問題

■実技試験
介護等に関する専門的技能

受験料

第29回は1万3140円でした。

*受験資格に変更があった初の試験が平成29年1月に行われましたが、これまでの受験者数の半分程度に減少しました。受験に必要な、実務者研修修了が間に合わない人が多かったのかもしれません。しかし、こうときこそチャンスです。資格保持者が少ない中で資格を取得すれば、ますます待遇などが優遇されると期待できます。

介護福祉士取得後の上手な転職

資格取得後は、介護職員初任者研修や実務者研修修了者より、さらに知識も技術もアップしています。
資格がなくても知識・スキルのある介護職はたくさんいます。しかし、その能力の高さは実際に一緒に働いてみないとなかなか伝わりません。しかし、資格があると、実際に働いてみなくてもその知識やスキルのレベルをわかってもらうことができます。つまり転職時には、圧倒的に有利!

転職をするなら、フロアリーダーや施設長など、幹部候補として歓迎されやすくなります。面接では、キャリアアップや給料アップの希望も、伝えやすくなるでしょう。

さらに、たん吸引や認知症などに関して専門的な勉強を重ね、それらの資格を取得すれば転職には有利になり、自分自身も専門職として自信が持てます。

介護職を天職とし、正社員で長く続けていく際に、大きな支えとなる資格です。
また子育てや副業をしながら、パートや非常勤で働くときにも、この資格は非常に有利になります。

お住まいのエリアで、介護の求人を探そう

北海道・東北エリア
首都圏・関東エリア
北信越・北陸エリア
中部・東海エリア
関西エリア
中国・四国エリア
九州・沖縄エリア

介護求人パークでは、求人情報をいろんな条件で絞り込みできます!

平日勤務・無資格OK・オープニング募集などの“こだわり条件”や、時給1200円以上・月給25万円以上など“希望給与”でも検索OK。
もちろん、デイサービス・特別養護老人ホームなどの“施設形態”や、社員・パート・派遣など“雇用形態”、介護職・ケアマネージャーなどの“職種”でも探せます!

PAGE TOP PAGE TOP