【栄養士】とは、どんな資格?

栄養士とは、都道府県知事の免許を受けて、栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事する専門職です。このページでは、栄養士の資格内容・メリット・受験資格・合格難易度・取得後の転職のコツなどをご紹介します。

「栄養士」とはどんな資格?

栄養士は都道府県知事の免許を受けた資格で、主に健康な方を対象にして栄養指導や給食の運営を行います。名称独占といって、この資格を持っていない人が、「栄養士」を名乗ることはできません。

医療施設、老人福祉施設、介護保険施設、児童福祉施設、小・中学校、行政機関、企業などの給食部門で献立の作成や調理をしたり、栄養相談・栄養指導をすることが多い職業です。まさに、「食と栄養の専門職」で、誇りを持って仕事ができるでしょう。

栄養士になるには、高校卒業後、管理栄養士養成課程もしくは栄養士養成課程のある大学、短期大学、専門学校に入学し、所定の専門課程を修得して卒業することが必要です。

「栄養士」を取得するメリットは?

専門職として自信を持って働ける

栄養士の資格がなくても、調理の仕事ならできる職場はあります。しかし、「調理補助」という形で、パート職の求人の場合が多く、その時給も低めに抑えられていることが多いようです。

資格があれば、給与の面でも恵まれ、専門職としての自信が持てます。何らかの事情で職場を辞めたくなった場合も、がまんして同じ職場で働き続けずに、条件のいい職場に転職することも可能です。

やはり、資格を持っていることは大きな強み。自由度を持って働くためにも、自分の仕事に誇りを持つためにも、食や栄養についての職を得たいのなら、資格は取得しておきたいものです。

また、キャリアアップのためには、管理栄養士の資格の取得も考えるといいでしょう。

安定性のある職場が多い

栄養士が活躍する職場は、医療施設や介護・児童施設、行政機関や学校など、安定性のある職場が多く、リストラなどの心配も比較的少ないところが多いでしょう。企業の食堂などでも求められる仕事ですが、そういった食堂のある企業は大手が多いもの。不況に強く、安心して働けるところが多いので、両親や周囲の人にも認められやすいでしょう。

結婚・出産後の再就職もしやすい

一般的に、資格を持っていると再就職がしやすいものですが、栄養士の資格は特に、出産・育児などのブランクがあっても復帰が望まれることが多いようです。実際に求人広告を見ても、「結婚・出産後のブランクOK」などの文言が見られます。子育てが一段落してから仕事に復帰したいと思っている人、資格を持っていながら専業主婦になり、再就職しようと考える人も、スムーズに就職できるケースが多いのです。

また、結婚後、パートナーの転勤などで他地域に引っ越しても、その地で働ける可能性は非常に高いといえます。ライフスタイルを大事にしながら働きたい人にはとてもメリットのある資格と言えるでしょう。

「栄養士」が活躍できる職場は?

カロリー計算や栄養素の計算をし、健康的な食事を目指したり、食事制限のある人たちにふさわしい献立を作ったりすることが主な仕事になります。そのため、医療施設、老人福祉施設、介護保険施設、児童福祉施設、小・中学校、行政機関、企業の食堂、飲食店チェーンなどが仕事場のことが多いでしょう。

食に関する研究や管理栄養士・栄養士の養成を行うため、試験研究機関や管理栄養士・栄養士養成施設などで働く人もいます。

また、ダイエットのためのスポーツクラブや、スポーツ選手の栄養管理、ペットの栄養管理など、職場のバリエーションは広く、食育のアドバイザーや、料理研究家など、さらに特化した仕事に発展させる人もいます。資格を糧に、自分らしく働くことができるのも、この仕事のメリットです。

出典:一般社団法人 全国栄養士養成施設協会

「栄養士」の受験資格・試験内容・合格難易度とは?

栄養士の資格を得るためには、高校卒業後、管理栄養士養成課程または栄養士養成課程のある大学、短期大学、専門学校に入学し、所定の専門課程を修得して卒業することが必要です。

したがって、試験、受験資格などは特にありません。

これらの学校は、管理栄養士養成施設、栄養士養成施設と呼ばれ、全国に管理栄養士養成施設は143校、栄養士養成施設は137校あります(平成27年現在、一般社団法人全国栄養士養成施設協会より)。
ただし、管理栄養士養成施設も、栄養士養成施設も、勉強する内容が多いことや実習があることから、昼間の学校しかなく、夜間や通信教育はありません。

つまり、働いて学費を稼ぎながら勉強しようと思うと、意外に難しい、ということになります。働く場合は、老人ホームの夜勤や、飲食店のアルバイトなど夜に働ける仕事をしながら、ということになるでしょう。養成施設や学校によっては、仕事先をあっせんしてくれるところもあります。

栄養士になる道

「栄養士」の上手な転職のコツ

栄養士の活躍の場は病院、学校、老人施設、児童施設など幅広く、求人自体はとても多いので、もし職場環境が合わないと思うのならば、転職も選択肢になります。

しかし、どんな仕事でもそうですが、自分の職場に対する不満や改善したい点、自分に合った環境や将来の仕事の展望などしっかりとまとめておき、転職にのぞむことが大切です。「給料が1万円多いから」と転職しても、仕事内容がハードだったり、残業しても手当が低かったりすれば、その1万円の意味もなくなってしまいます。目先のことに目を奪われすぎず、長い目で見て自分に合った職場を選ぶことが大切です。

週末必ず休める職場、ローテーションで土日も出勤がある職場、調理主体の職場、栄養計算などが主体で事務仕事が多い職場……。環境はさまざまなので、最初に職務内容をしっかりと聞いておくことが重要です。また、栄養士がたくさんいる職場で先輩が頼りになる職場なのか、栄養士が自分ひとりで管理職的に働ける職場なのかも、転職の重要ポイントになるでしょう。

給与体系もさまざまです。躊躇しないで、面接などでは待遇についてよく聞いておくことが大切です。

お住まいのエリアで、介護の求人を探そう

北海道・東北エリア
首都圏・関東エリア
北信越・北陸エリア
中部・東海エリア
関西エリア
中国・四国エリア
九州・沖縄エリア

介護求人パークでは、求人情報をいろんな条件で絞り込みできます!

平日勤務・無資格OK・オープニング募集などの“こだわり条件”や、時給1200円以上・月給25万円以上など“希望給与”でも検索OK。
もちろん、デイサービス・特別養護老人ホームなどの“施設形態”や、社員・パート・派遣など“雇用形態”、介護職・ケアマネージャーなどの“職種”でも探せます!